FC2ブログ

すっかり人気者の、DD51+DF200 の重連

3月ダイヤ改正で登場した、関西本線の DD51+DF200 の 「異形式重連」、ちょっとした人気ぶりが続いてます。

日没が18時を超えた4月中旬から、全区間で陽のあたる撮影ができるようになり、なかなかの注目ぶりですね。
回送送り込みを兼ねた重連措置でもあり、いつ解消されるかわからない部分もあって。余計にファンの撮影意欲をそそります。

凸が原色ではないのは残念ですが、こればかりは致し方ありません。でもちょっと面白い被写体です。
臨時扱いの列車番号ゆえに、重単や運用変更多いのがタマに傷ですが・・・。

DSC_5345-2-1.png

東海エリアでしか見られない凸と赤熊の重連、おもしろい組み合わせですね。   臨8075レ 関西本線 : 永和~白鳥(信)
スポンサーサイト

国鉄色3連  「 みまさかスローライフ列車」 (2019年初夏編)

国鉄色ツートンカラー3連で運行される、おなじみの 「みまさかスローライフ号」 が、この5月も運転されました。

全国でもココでしか見る事の出来ない、3両編成の国鉄ふうツートン塗りイヴェントのせいか、この日も多くのカメラマンが沿線に
繰り出していました。私も1年ぶりにこの地にやってきました。

往路はいつものように数カット撮れて、メインの復路の土師カーブで撮って撤収の予定でしたが、・・・


何と終点近の県道 「物見峠」 が災害通行止め。 う回路はなく、ここで THE END !


こんな事になるとは夢にも思いませんでした。 ・・・状況を知ってる人たちは往路の撮影を捨てて、因幡街道や鳥取自動車道で
先回りした模様です。 ・・・今思えば私もそうすればよかったかも・・・。

なんだかんだあって、消化不良の撮影でした。・・・せっかくの 「キハ47水鏡撮影」 は来季にお預けです。

DSC_5274-3 9624D 高野~美作滝尾

すっかりおなじみになった、このイヴェントの国鉄ふうカラー3連。 いつ観ても画になる存在です。
9624D  因美線 : 高野~美作滝尾   (2019年5月11日)

DSC_5287-3 9624D 高野~美作滝尾

定番お立ち台、三浦駅手前のカーブにて。 約15名前後がカメラを構えました。
9624D  因美線 : 美作滝尾~三浦   (2019年5月11日)

DSC_5307-3 9624D 美作加茂~知和

ベンチレーターのないペタンコ屋根がやや違和感ありますが、これもご愛敬です
9624D  因美線 : 美作加茂~知和   (2019年5月11日)

DSC_5324-3 9625D 知和~美作加茂

災害通行止めで、折り返しの智頭には行けないため、Uターンして復路を撮影です。・・・今イチな妥協アングルです。
9625D   因美線 : 知和~美作加茂  (2019年5月11日)

DSC_5328-2 9625D 美作加茂~三浦

もう1カット撮ってこれで終了。  ここも今ひとつスッキリしない構図ですね。
9625D  因美線 : 美作加茂~三浦   (2019年5月11日)

DSC_2626 190511 2019年のみまさかスローライフ号

いつものように沿線の駅では模擬店による名産品やお弁当の販売。お茶のサービスなどがありました。
・・・それにしても、唯一の生命線である県道の「物見峠」 の通行止めは悔やまれます・・・   ]2019年5月11日)

DSC_5297-2

美作加茂駅での、タブレットキャリア受収シーンの再現も、味わいある光景です。  (2019年5月11日)

伯備線 ロクヨン貨物 を、夏場限定のお立ち台で。

伯備線のロクヨン牽引の 「王子製紙貨物」 は、ダイヤ改正後も大きく変わらず運用されており、有難い限りです。

中国自動車道の新見ICの少し先にあるSカーブは、結構有名な下り列車の撮影ポイントですが、なんせここをロクヨンが通過
するのは早朝5時台の1本と、夕刻18時台の1本のみ。 ・・・日の長い夏場しか無理ですね。しかも朝便は晴れたらド逆光!

なかなか難しい条件のお立ち台ですが、原色ロクヨンが増えつつある昨今、これからまた楽しみが増えますね。

DSC_5335

田舎の原風景っぽいこの雰囲気、良いですね。  3083レ 伯備線:備中神代~足立  (2019年5月11日)

津山まなびの鉄道館で、DE501号の転車台方転展示。

津山まなびの鉄道館で、DE501 の屋外展示がありました。 1形式1両のみの試作DLで 1970(昭和45)年 : 日立製です。

DD51と同等の。定格出力2000PSのセミセンターキャブ車体、DE10と比較すると、やや不格好ですが、なんとも愛嬌のある
スタイルで、私は結構好きです。 ・・・しかしまあ、よくぞ解体されずに現代まで生き残ってくれたものです。

以前から撮りたかっただけに、今回ターンテーブルに乗ったのを撮れて良かったです。

DSC_5248-2 190511 津山学びの鉄道館

DE10のようで、DD51にも見える・・・。 何とも変わり種なスタイルです。   津山まなびの鉄道館  (2019年5月11日)

DSC_5252.png

餘部鉄橋の 「お座敷列車みやび号」 転落事故の生き残り、DD511187号もここで余生を送っています。  (2019年5月11日)

津山線の国鉄色ディーゼルカー4連

2019年ダイヤ改正後も、JR津山線には、朝の一部のダイヤに、国鉄色(タラコ色)ノ4連があります。

ローカル線では単行や2連が多い中、タラコ色の4連は、なかなか見ごたえありますね。 とくに津山線は、キハ40・47の
タラコ色がメインで活躍してるので、狙い目です。 

この界隈では、姫新線や因美線など、味気ない銀色+赤ストライプのキハ120が中心となって運用されてるので、津山線の
国鉄色のキハ40系列には、末長くひと頑張りしてほしいものです

DSC_5243 944D

このくらいの長さだと、やっぱ見ごたえありますね。   944D 津山線:亀甲~佐良山  (2019年5月11日)

DSC_5257-1-1.png

こちらは津山の扇形庫に集うディーゼルカー。・・・できれば左端のタラコ色のキハ36も走らせてほしいですね。 (2019年5月11日)
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR