ブルトレ寝台急行 : 「大雪」 の 常備D型急行券

ブルトレ北斗星も近年中に廃止時期が迫り、寂しくなる一方ですね。

そういえばかつて北海道は、ブルトレ寝台急行の聖地でしたね~。1990年代初頭までは、「利尻」「大雪」「まりも」が走り、1980年代後半には、それらの間合い運用で「天北」「宗谷」も走ってました。

列車自体も懐かしいですが、JR各社とも窓口にMR端末が装備されて、もう随分前から硬券の優等列車券は姿を消していますね。いまや昔ながらのD型 (いわゆる横長券) の優等列車券は北近畿タンゴ鉄道のみに残るだけです。

その昔学生時分によく乗った北海道夜行急行列車ですが、マルス端末発券のペラペラの学割周遊券ばかり使ってたので、実際に昔ながらの分厚い切符で乗車した事はありませんでした。

当時を思い出して、のちに硬券急行券を集めてみましたが、実際手にしてみると、やっぱり複合機印字券とちがって存在感があり、味わい深いものですね。

890216 急行大雪  上川

厳寒の石北本線:上川駅にて・・・ここ上川バルブは大雪どうしが離合する有名スポットでした。(1989年2月16日)

急行大雪B寝台券

遠軽駅発行:D型急行券・B寝台券 (緑色地紋)

急行大雪 指定券

遠軽駅発行:D型急行券・座席指定券 (黄色地紋)
スポンサーサイト

懐かしの客車海水浴列車 「らんしま号」 (1993年運行終了)

いまから20年前の1993年夏まで、北海道では夏の一時期に、客車列車による海水浴臨時列車が運転されていました。・・・当時もはや海水浴臨は本州~九州ではすべてDCや電車の時代でした。

運転区間は札幌~余市間、約1時間ちょっとかけての行程で、JR化後は14系やオハフ51系などで運転されてて、私もよく撮りました。

時代の流れで94年からはDC化されましたが、その年はDCらんしま号を補完する形で、当時唯一1往復のみ残った小樽行き51系定期客車鈍行を間合い仕業で数日間、余市駅まで延長運行する形が取られましたが、愛称名は冠せられませんでした。

しかしこの年の秋にはJR北海道から51系の客車鈍行そのものが姿を消し、寂しい限りとなりました

ちょっとだけ画像をご紹介です

920803 9231レらんしま1号 塩谷~小樽

51系8連による 9231レ「らんしま1号」 塩谷~小樽にて  (1992年8月3日)

8908 蘭島~塩谷

DE15重連+14系で運転された事もありました。 蘭島~塩谷にて  (1989年8月5日)

8908 蘭島駅

海水浴場に近い函館本線:蘭島駅。海水浴客の姿もみられます。SL時代からの木造駅舎はこの撮影の翌年に建て替えられました。  (1989年8月5日)

DSCF8127.jpg

蘭島駅は1982(昭和57)年2月28日限りで国鉄直営を解消・無人化され、。翌3月1日から簡易委託駅になりました。画像は自宅にある直営最終日の入場券

DSCF8128.jpg

簡易委託駅に格下げ後は、地元のおばちゃん駅員が硬券乗車券を窓口で販売してましたが、90年代後半にはすべて複合機印刷によるPOS券になりました。

富良野線のDD51+14系 「ラベンダー号」 1991年

今でも富良野線は夏の観光シーズンは、DE10+緑色の展望客車による客レが運転されてますが、一昔前には本格的な客車臨客が走りました。

富良野線ではラベンダーの咲く季節に、ほぼ毎シーズン51系客車や14系客車による臨客の入線が数回行われましたが、どうやらこの1991年が最後か?・・とのことで、渡道して撮った画像です。

結果的にこの年は。7/13・14・20・21に12連の長大編成で走りましたが、撮っている人は殆ど見かけませんでした。

910721 島ノ下~富良野

根室本線経由で富良野にDD51+14系12連+DD51の堂々たる編成が送り込まれます。 島ノ下~富良野にて。

910721 富良野キハ54

キハ54にもマークが付けられました。  富良野

ふらのハーブガーデン

勿論観光もしてきました。

910721 回9675レ 学田~富良野

パッチワークの丘と呼ばれる色鮮やかな丘陵地帯をバックに。 回9675レ:学田~富良野

ファーム富田からラベンダー号

ファーム富田からラベンダー号を撮影。・・・青ガマのプッシュプルは地味で存在感ないですね・・・

ファーム富田 910721

背後にはキレイな花畑が広がってました。

910721 返却回送

1日を通して晴れ間はわずか。曇りの時間帯が多く、晴れた時のDD51はついに撮れませんでした。根室本線経由で返却される編成を後打ち撮影です。 富良野~島ノ下

私も行きたかったです。JTB主催:「北海道1周ブルトレの旅。」  2012年7月

ほんとうに行きたかったのですが、勤務先のイヴェント期間と重なり有休が取れず、涙をのみました。

私は北海道の客車急行にはとても思い入れがあり、まだ学生の頃や独身時代に北海道で撮りテツをした際によく利用したモノです。

当時すでに原色のDD51は姿を消し、ブルトレ色に塗り替えられてました。原色DD51が急行ブルトレを牽くのを撮った事は、平成元年に2度しかありません。

しかしこのブルトレ色のDD51、私は大好きです。理由はかっこいいから。

決してこの塗り分けパターンは風変りな存在ではありません。私が生まれる遥か昔にEF58型でもブルトレ塗りが存在し、れっきとした旧国鉄伝統の車両カラーであるのは周知のとおりです。

またこういうイヴェントやってほしいですね。

他の方からの頒布画像ではございますが、2012年夏の北海道1周ブルトレの画像を数点ご紹介です。

890307 急行大雪  上川

こちらは以前私が撮った、急行大雪  上川駅にて  (1989年2月)

120701 9903レ ニセコ号 二股~蕨代

2012年7月の北海道1周ブルトレは、9903レ「急行ニセコ号」でスタート。  函館本線:二股~蕨代 (2012年7月1日 ※ 撮影は別の方です)

201335744681-4.jpg

前日の送り込み回送です。 函館本線:蕨代~二股  (2012年6月30日 ※ 撮影は別の方です)

DSC3124 120701 9903レ 倶知安~小沢

羊蹄山バックの9903レ「急行ニセコ号」。函館本線:倶知安~小沢  (2012年7月1日 ※ 撮影は別の方です)

DSC3294 1220702 120702 9603レ 平野川信号所~羽帯

根室本線では、9603レ「急行狩勝号」が登場。 根室本線:平野川信号所~羽帯  (2012年7月1日 ※ 撮影は別の方です)

20703 9710レ 大雪 愛別~伊香牛

狩勝号の続きは釧路から、9710レ 「急行大雪号」です。 石北本線:愛別~伊香牛  (2012年7月3日 ※ 撮影は別の方です)

プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR