懐かしの米原機関区

東海道本線と北陸本線が繋がる交通の要衝 : JR米原駅には、国鉄末期まで広大な敷地の 「米原機関区 」がありました

今では電車留置線が何本か残るだけで、旧:機関区の敷地の殆どが更地となり、往時を偲ぶ遺構も土に還りつつあります。

かつて米原機関区だったころ、少年時代の私も何度か訪れた事がありましたが、数多くの電機機関車やディーゼル機関車、旧型客車などを配置し、ターンテーブルや大型車庫もありました

1974(昭和49)年に湖西線が開業して以来、多くの優等列車が米原を通らなくなり、少しずつ界隈はさびれていき、1983(昭和58)年には米原~田村の交流・直流変換デッドセクションも廃止され、そして旅客列車の電車化や貨物大削減で機関車たちも仕事を失い、徐々に機関区としての機能を失っていきました。

EF58が定期運用引退間近1980年代前半、米原機関区は鉄道ファンに好意的な機関区でした。

機関区事務所で 「見学受付」 をすると、腕章を受け取り、構内を自由に撮影できたのです。・・・受付ノートに「学校名」 「住所氏名」 「両親の名前と職業」 などを記入し、帰り際には、「キミは何年生だ?デンシャもいいけど、ちゃんと勉強せにゃならんぞ」 と、よく言われたものでした。・・・時にはお茶やコーヒーを出してくれる事も。

今となっては懐かしい想い出のひとつです。

830130 米原

機関区で待機中のEF58とEF81。ゴハチの背後の建物で「見学申し込み」をすれば誰でも気軽に構内に入れました。  (1983年1月30日)

840805 米原機関区EF58並び

東海道からEF58が勇退した後、米原機関区で開催されたイヴェントの1コマ。自宅に郵便で案内状が届き、夏休みの楽しいひと時を過ごしました。  (1984年8月5日)

840805 米原 EF5836日本海-2

側窓が7枚ある異端機として大人気のEF5836号。つらら切り取り付け・運転台側窓Hゴム化・前面窓Hゴム化・ヨロイ式側面フィルタ・テールランプ外はめ改造・はしご切り欠け・P型改造ジャンパ栓・・・形態の乱れ具合は横綱級でした  (1984年8月5日)

840805 米原機関区DE10-2

米原~田村の交流・直流デッドセクション廃止時に、つなぎ役だったDE10が定期運用を降り、さよならマークがつきましたが、このイヴェントで特別にヘッドマークを再装着となりました。  (1984年8月5日)

IMG_0004-3.jpg

こちらはDE10配置前にデッドセクションで活躍したDD50。 他の方からご頒布戴いたネガの画像です。1954(昭和29)年に誕生した電気式ディーゼル機関車で、2両1組。計6両の小世帯でした。昭和49年に引退し、米原機関区の片隅に暫く留置されていたようです。  (1975年2月)

DSC_4031.jpg

米原~田村のデッドセクション廃止から30年以上経ち、田村駅構内は真ん中の機関車留置線が撤去され、がらんと空いてしまいました。  北陸本線 : 田村駅  (2015年6月2日)

DSC_4030.jpg

戦前からの駅舎が今も活躍中の田村駅。比較的早く無人化され、窓口営業は1971(昭和46)年3月24日が最終日でした。その後は機関車交換要員の詰所として活用され、デッドセクション廃止で完全無人化されました。  (2015年6月2日)

CSC_4045.jpg

自宅にある田村駅の有人最終日の硬券入場券。当時は珍車DD50やED70の姿を求めて、この駅に降り立ったファンの方々も多かった事でしょう。


スポンサーサイト

いまから30年前の紀勢本線ゴハチ訪問記

和歌山デスティネーション開催に伴う 「トワイライトエクスプレス」の入線や各種イヴェント企画で、この秋の紀勢本線:新宮~和歌山は観光客はモチロン、鉄道ファンも盛り上がってますね。

今から30年前の1984(昭和59)年、紀勢本線の新宮以南は、EF58とEF15が定期運用で生き残る最後の路線として、大きな注目でした。

この昭和59年は、オールドファンの方々にはおおきなショックだった貨物大削減が2月に行われ、都市部のヤード式貨物仕分けが全廃。そのほか小さな駅の貨物も全国で大整理が行われ、多くの機関車が廃車された年でした。

紀勢本線は前年暮れに亀山~新宮間がCTC化されて一気に25駅が無人化。新宮以南は客車列車は生き残ったものの、ブルトレ「紀伊」号や10系寝台「はやたま号」が廃止され、生き残った客車列車は12系化されました。

それらを撮るべく、まだ当時ガキ鉄だった私は18きっぷで節約旅行に出掛けました。

紀勢本線はいまも当時も本数が少なく、しかも自宅から遠く、ガキ鉄の私は電車追っかけではロクにコマ数を稼げず、クルマを運転できる年齢の大人の鉄道ファンの方々が羨ましかったです。

ちょっと画像で振り返ってみましょう。

840329 123レ 新宮~三輪崎

ヒサシ付きのEF5839が牽引する123レ。・・・30年の時を経てこの秋、ここでトワイライトEXPの団臨を先日撮りました。  紀勢本線:新宮~三輪崎  (1984年3月29日)

840329 新宮

59.2月改正を辛くもクリアした新宮~和歌山(操)間の1往復の貨物列車、5363レ。・・・走行写真を撮って無かったのが惜しいです。  紀勢本線:新宮  (1984年3月29日)

840330 9301レ 紀伊田原~古座

青色塗色最後の大窓ゴハチのEF5866が牽引する天リウ座6連。 9301レ  紀勢本線:紀伊田原~古座  (1984年3月30日)

840330 121レ 紀伊姫~串本

朝早く新宮を出る121レ。 牽引はEF58147号。平凡なカマでした。  紀勢本線:紀伊姫~串本  (1984年3月30日)

EF5866 紀勢本線普通列車 昭和60年2

大窓で人気のEF5866号は、その後1985(昭和60)年ダイヤ改正後も生き残り、紀勢線から客車ドン行が全廃された1986(昭和61)年改正まで活躍しました。   紀勢本線:冷水浦~加茂郷

DSC_3299.jpg

1985(昭和60)年3月ダイヤ改正では、合理化により新宮~和歌山間の小さな駅が殆ど無人化されました。自宅にある 60.3.13 有人最終日の切符各種です。

CSC_3301.jpg

60年3月改正で無人化を逃れた 紀伊佐野 は61年11月1日に無人化。朝来は61年3月3日に簡易委託格下げで硬券入場券がなくなりました。自宅にある最終日券です。

860720 竜華機関区EF5866

加熱するゴハチフィーバーに応える形で、EF5866はなんとブタ鼻ヘッドライトから純正1灯ライトに復元され、各種イヴェントに引っ張りだこになりましたが・・・保存は叶いませんでした。   竜華機関区 (1986年7月20日)

860720 竜華機関区

かつて隆盛を極めた竜華機関区ですが、国鉄末期の改正で用途廃止となり、いまは跡かたもありません。・・・若い鉄道ファンの方々に、今の高層マンション群を指差して 「ここに機関区が有ったんですよ」 と言っても、「え~!ウソでしょ」 と言われそうですね。









・・今は撮れなくなりました。山陰本線 安栖里~立木の20年前

1996年の綾部電化進延までは、隠れた名撮影地だった山陰本線:安栖里~立木のSカーヴ&鉄橋。

いまではお立ち台側のアウトカーヴに太いコンクリポールが建ち、しかも狭い間隔でたくさん!・・・おまけに通信ケーブルが何本も張り巡らされ、ほぼ撮影不可です。

現在も国鉄色の381系が1日に何本もココを通過して、古き良き時代の車両と里山風景との合体が展開中ですが、ま、このアングルで撮れないのは仕方ないにしても、この界隈ではほかにも撮影ポイントが多いので、こまめに訪問したいと思います。

930817 安栖里~立木 あさしお

181系の特急あさしお。繁忙期増結で8連です。 立木~安栖里にて (1993年8月17日撮影)

930817 安栖里~立木 急行丹後

1日に何本も走ってた急行丹後。電化廃止末期まで、繁忙期は最大9連で走り、よい被写体でした。 安栖里~立木  (1993年8月17日撮影)

930817 西舞鶴~真倉

舞鶴線もまだ未電化。9連の堂々たる増結編成で舞鶴の街をあとにします。 西舞鶴~真倉 (1993年8月17日撮影)

キハ82 「まつかぜ」 と、10系ハネ「山陰」   1984年

30年近く前、私のガキ時代の画像です。春休みの18きっぷでの訪問記です。

この1984(昭和59)年ダイヤ改正は、全国的に大幅な貨物削減が行われ多くの中小駅から貨物扱いの情景が過去帳入りし、DLやELの大両余剰廃車も発生し、鉄道ファンには暗いニュースだらけでした。

ただ当時、風前の灯だった10系ハネの「快速山陰」で、カマ次位の荷物車2両が非連結となり、めでたく10系ハネがカマ次位に!・・・しかも普通車側は12系化されて、ちょっと急行っぽい風格の編成になったのは朗報でした。

しかしこのスタイルで活躍したのはわずか1年…。翌1985(昭和60)年春のダイヤ改正で10系ハネは全廃され、ジ・エンドでした。

私は福知山徹夜バルブを敢行し、この列車を撮りました。

当時の夜の福知山駅は、ブルトレ出雲が2往復、20系だいせん号や10系山陰号、遅便の鈍行なんかもあり、終日待合室は解放されてました。・・・セキュリティーが甘かった1980年代は、待合室の終日解放は各地でみられましたね。

惜しまれるのは、まだ免許の取れる年代じゃなかったが故に、夜明けの10系ハネの追っかけ走行写真を撮れなかった事です。

また、キハ82系の「まつかぜ」。これももっと撮りたかったですが、餘部鉄橋で1回撮っただけ・・・。しかもモノクロのみ。

・・・そういえば当時はコダックのカラーをメインに使ってたものの、モノクロで撮りテツするのが流行ってた時代で、私もガキのくせに生意気に真似してモノクロを使う事が多かったです。

840326 まつかぜ 鎧~餘部

たった1回だけ撮った82系の「まつかぜ」。3両目の食堂車がいいアクセントです。・・・旧型客車に乗って現地に向かい、旧型客車に揺られて帰途に就くことができた時代でした。  1984年3月26日撮影

840327 快速:山陰 福知山

10系ハネ付き「快速山陰」。福知山にて。 1984年3月27日撮影

840327 福知山

こういう客車鈍行も朝から晩まで走ってました。画像の1186号は、今も米子区(後藤)に健在です。 福知山にて。  1984年3月27日撮影

七尾線 : 輪島乗り入れの客車急行 「能登」 1991年

今は485系で季節運行の 「急行能登」。かつて90年代前半までは客車で定期運行されていました。

そんな中、多客期に七尾線:輪島までDE10牽引で乗り入れてた事があり、少しだけ撮りました。

910223 能登中島~西岸 2

大雪の中、能登中島~西岸のお立ち台にて。一瞬通過前だけ晴れました。2/23

910211 能登三井

能登三井駅まで、地元の方の御親切で車に乗せてもらいました。2/11

9102 輪島

終点輪島駅にて撮影。.こちらはSLときめき号運転日に撮ったモノ。2/11

能登三井 タブレット受収

気を良くして、能登三井駅へ2週間後にまた来ました。2/23と同じ1116号。タブレット受集シーンです
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR