FC2ブログ

103系の明石回送。 日曜朝のJR神戸線名物です。

ここ2~3年で急速に淘汰が進むJR西日本の103系電車。 ・・・オリジナルのスカイブルーが、和田岬支線に健在です。

明石支所に6連がたった1編成のみの存在で、検査時は207系の代走ですが、いまやこういう長い編成の103系の国鉄色は、もはや絶滅危惧種です。 これが、日曜朝には車庫行きのため、山陽本線の複々線区間を回送するので狙い目です。

大阪環状線からの103系撤退や、奈良地区から6連が撤退したり、東羽衣支線からもスカイブルーの103系が引退したり・・・と、寂しい限りですが、その反面、播但線や加古川線では、大きく姿を変えた103系の更新車が今も主力ですね。

・・とは言え、やっぱオリジナルに近い姿の103系は、戦後のモハ72系からの系譜を受け継ぐ 「国電顔」 の継承車。かつては掃いて捨てるほど走ってて、わざわざ撮らなかったのが、いまや 「撮っとかなきゃ!」 になるなんて、・・・テツ趣味ではよくあることですね。

DSC_4400-3 181118 須磨~塩屋

昔はいくらでも走ってたのに、いまや風前の灯です。   山陽本線:須磨~塩屋 
スポンサーサイト



神戸線を行く103系の国鉄色6連

スカイブルーに塗られた6連の103系、かつてはもっと長い編成で首都圏や大阪界隈でふつうにみられましたが、すっかり少数になてしまいました。

昔の雰囲気に近い姿で今も観られるのは、山陽本線の兵庫~明石の回送運用の時が有名ですね。

新しいアルミ車体の電車が主体となった中で、ひときわ異彩を放つ昭和の電車は、なかなか良い被写体です。

DSC_4593.png

懐かしい雰囲気です。昭和の電車の無骨さが良いですね。  山陽本線:須磨~塩屋
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR