FC2ブログ

撤退から四半世紀。 51系客車の海水浴臨時列車

1994(平成6)年の10月に、JR北海道からレッドトレインの寒冷地版 オハフ51系客車が引退してから間もなく25年です。

オリジナルとは大きく異なる : 快速「海峡号」 用や、事業用客車としてはもう少し存置しましたが、通常の普通列車用客車である赤色の51系は、朝の僅か1往復用に細々と活躍していましたが、この年の10月ダイヤ改正で姿を消しました。

北海道の51系客車の海水浴臨というと、思い起こされるのは DD51やDE15牽引の 「らんしま号」 ですね。

1993年に運転されたのを最後に、翌94年からはDC化されましたが、これを補完する形で、DE15 + 51系編成の、列車名を冠さない臨時列車が、短期間のみ小樽~余市間で運転されました。

事実上、これが旧国鉄以降、全国各地で運転された 「客車列車による最後の海水浴臨」 となったカタチですが、いまはレジャーも多様化し、道路も整備され、クルマも快適になり、長大編成の鉄道で海水浴に出かける事も少なくなりましたね。

940727 塩屋~小樽

ラッセルヘッドを外したDE15が、堂々たる編成を牽きます。  函館本線:塩屋~小樽  (1994年7月28日)

1994.07.31

SLニセコの撮影地でおなじみのお立ち台で。   函館本線:余市~蘭島  (1994年7月31日)

1994.07.31 2

左手に余市名産のさくらんぼ棚畑を見ながら、51系が通過します  函館本線:蘭島~余市  (1994年7月31日)


IMG_0011-1 - コピー

かつてはこういう海水浴帰りのシーンが各地で展開されました。  函館本線:蘭島駅  (1994年7月28日)
スポンサーサイト



プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR