FC2ブログ

撤退から四半世紀。 北海道のED76-500番台

北海道初の電化区間が開業したのは、まだ道内がSL全盛の 1966 (昭和41)年。 函館本線の小樽~旭川間でした。

このときに導入されたのが、北海道専用仕様の、ED76-500番台。 今も九州で活躍するオリジナルのED76とは、全く似ても似つかない別形式の面構え。・・・どちらかと言うとED75にそっくりですね。

SG暖房も搭載し、客貨両様として活躍したものの、貨物はしばらくしてDD51にその任務を譲り 僅かに残った51系客車列車牽引に細々と生き残ってきましたが、効率の悪い鈍行客車列車の撤退と運命を共にする形で1994年に引退しました。

津軽海峡線用に550番台に改造されたのも1両ありましたが、後にこちらも引退、いまはもう想い出の形式になってしまいましたね。

IMG_0009

景勝地、銭函海岸を行くED76の客車列車。  函館本線:銭函~朝里  (1994年7月21日)
スポンサーサイト



プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR