いまから20年前、高山本線全通60周年イヴェント。 (1994年10月25日)

2014年10月25(土)に、全通80周年記念のイヴェントが行われたJR高山本線ですが、今から20年前の1994(平成6)年10月25日にも記念イヴェントが行われていました。

今はJR東海にレトロ色車輛は、キハ40・48の「国鉄ふうツートンカラー車」が数台有るのみですが、20年前のこの時は、引退直前のキハ82型や旧型客車などを保有しており、それらがイヴェント列車として催事に華を添えました。

当時撮った画像で少し振り返ってみましょう。

941025 飛騨小坂~渚

このイヴェントのために、検査切れ間近のキハ82型をピカピカに整備し、「メモリアルひだ号」 として特別運行しました。  高山本線:飛騨小坂~渚  (1994年10月25日)

941025 福来信号所

DD51牽引の旧型客車も、「メモリアルひだ号」の先導役で参戦しました。 ・・・ただちょっと2両編成と言うのは物足りなかったです。   高山本線:福来信号所  (1994年10月25日)

941025 高山駅

全通60周年記念日の高山駅。特に目立つ装飾や紅白幕は無かったですが、駅舎内は賑わってました。・・・花フェスタ‘95の看板懐かしいですね。  JR高山駅  (1994年10月25日)

941025 高山運転区

高山運転区に入区したキハ82型特別編成。側面のJNRエンブレムも復活し、ヘッドマークも特別仕立て。この頃のイヴェント列車ご担当の方の熱心さが思い浮かぶ出来栄えです。  高山運転区  (1994年10月25日)

IMG_0005-37-1.png

高山本線全通60周年関連のイヴェントはこの日だけではなく、第2弾が12月11日に行われ、この時はキハ82の他に、なんとJR西日本から借りたSLの運行もありました。    高山本線:上枝~飛騨古川  (1994年12月11日)

950927 高山本線貨物

この当時は高山本線の飛騨一ノ宮~岐阜間に、石油輸送の貨物列車が1日1往復走っていました。翌1995(平成7)年9月30日をもって廃止されましたが、廃止直前はタキ1両なんて日も多かったです。    高山本線:少ヶ野信号所~焼石  (1995年9月27日)
スポンサーサイト

きょうは高山本線全通80周年記念日 (2014年10月25日)

きょう2014年10月25日(土)は、JR高山本線が全通して80周年目にあたります。

それを記念して、9月頃よりさまざまな企画・イヴェントが開催されていますが、きょう10/25(土)はそのメイン開催日でした。お馴染みのキハ40・48国鉄ふうツートンカラー車の運転はもちろん、高山駅では催事も繰り広げられました。

以前こういった大々的な開通祝賀イヴェントがあったのは20年前の1994(平成6)年10月25日。その日から20年、風水害による部分不通が長らく続いたり、利用者の少ない簡易委託駅の無人化が進んだり、DD51による岐阜~高山間の貨物列車が全廃されたり・・・とにかくいろんな事がありました。

あと20年で100周年。そのころ私は60代になってて、もしかするともう亡くなってるかもしれませんが、その時、どういった車両で記念列車を走らせるのか・・・なかなか想像がつかないですね(笑)

今回は観光も兼ねていたので、温泉にも寄り、高山陣屋街や下呂にも寄り、イオン各務原店にも寄ってから帰宅しました。

DSC_3362 141025 9721D 白川口~鷲原信号所

高山本線南部の代表的撮影地のひとつ、飛騨川を渡る80周年記念号。  9721D  白川口~鷲原信号所  (2014年10月25日  09:25 )

CSC_3373 141025 9721D 飛騨小坂~渚

下呂市以北は紅葉が始まっています。色づきかけた木々を背景に1カット。・・・旧:国道41号沿いの有名ポイントで、線路の背後の山にクルマ用の新トンネルが貫通し、今は裏街道になってしまいました。

近年木々の成長で撮りにくくなってます。上から撮ったのは私たちだけで、道路わきからは20名前後の方々が構えてらっしゃいました。  9721D  飛騨小坂~渚  (2014年10月25日  10:49  ※5分遅れで通過 )


DSC_3380 141025 9721D  高山

高山駅に到着した記念号。ホームの雰囲気は昔と変わらないレトロな感じですね。  JR高山駅  (2014年10月25日)

DSC_3402 141025 高山2

JR高山駅前では式典が行われ、ゆるキャラや関係各界の来賓の方々が観光客をお出迎え。多くの観光客の皆さんがお祭り気分を味わってらっしゃいました。  JR高山駅  (2014年10月25日)

DSC_3400 141025 高山

鏡割りが行われて、周りの皆さんに 「振る舞い酒」 が行われました。  JR高山駅 (2014年10月25日)

DSC_3397 141025 高山

もちろん高山ラーメンも食べて来ました。めっちゃくちゃ美味しかったです。  (2014年10月25日)

DSC_3406-2 141025 9722D 飛騨一ノ宮~久々野

復路もモチロン撮影。おなじみの飛騨一ノ宮の大カーヴはまずまずの賑わいでした。  9722D  高山本線:飛騨一ノ宮~久々野  (2014年10月25日  14:06 ※ 後打ち撮影 )

DSC_3408.jpg

大カーヴ近くの飛騨一ノ宮駅。80年前の1934(昭和9)年開業時からの木造駅舎が残ります。1985(昭和60)年3月一杯で無人化されましたが、近くには国の天然記念物:樹齢1100年の 「臥龍桜」 があり、お花見シーズンは賑わいます。  (2014年10月25日)

DSC_3414 141025 9722D 小ヶ野信号所~焼石

数ある飛騨川の鉄橋ポイントで、ここも有名なお立ち台です。約20名のファンの方々が集まりました   9722D 小ヶ野信号所~焼石  (2014年10月25日  15:16 )

DSC_3419 141025 9721D  下呂

レトロなカラーのキハ40・48が走るその傍で、来春デビューの新鋭キハ25がきょうも試運転をしていました。  JR下呂駅  (2014年10月25日)

DSC_3384 141025 9721D  高山

かつてSl時代には全国各地で見られたプラットホーム上の洗面台。高山駅1番線には今も健在です  (2014年10月25日)

国鉄ふう色キハ40・48×3連の 「さわやかウォーキング号」

2014年5月11(日)、岐阜~白川口間で、「さわやかウォーキング」開催に伴う臨時DCが運転されました。

やはりこの色が3連で走ると良い画になりますね。・・・考えてみればJR東海が所有する唯一の国鉄ふうメークの車両です。

他社がSLや動態保存目的の機関車、客車などを所有し、ファン向けのイヴェントに精力的な中、JR東海だけは蚊帳の外ですね・・・。ドル箱の東海道新幹線を持ってるせいで、在来線対策がどんどんエコノミー化へと凋落していきます。

在来線特急の車内販売を全廃したり、土日得得きっぷを券売機から削除する案を発表したり、我々利用者からすれば有難くない限りですが、・・・う~ん、まあ会社のホンネってみんなそうなんでしょうね。私もサラリーマンのひとり。わからない話でもないです。

さてと本題に戻します。

「さわやかウォーキング号」 きょうは運転区間が短かったですが、沿線には多くのファンが詰めかけてました。やっぱこの色は撮影意欲をそそられますね。

DSC_2374 140511 「さわやかウォーキング号」 上麻生~白川口-2

高山本線南部の景勝地:「飛水峡」を行くキハ40・48の3連。・・・この場所は1968(昭和43)年に史上最悪のバス転落事故があった場所で、105名の尊い命が失われました。撮影後、鎮魂の石碑に一礼です。    高山本線:上麻生~白川口  (2014年5月11日 09:19 )

CSC_2370 140511 「さわやかウォーキング号」 鵜沼~坂祝

お馴染みの鵜沼~坂祝陸橋にて。定番撮影地でもあり、ココは約15名の賑わいでした。ド順光で撮れました。   高山本線:鵜沼~坂祝 (2014年5月11日 08:41 )

DSC_2378 140511 「さわやかウォーキング号」 下麻生~中川辺-4

こちらは復路の回送です。田んぼにも水が入り山肌の新緑と併せて、風光明媚な高山本線は訪問にもってこいの季節になりましたね。 高山本線:下麻生~中川辺  (2014年5月11日 10:12 )

あおなみ線を走ったSLのC56160号、19年前は高山本線でも走りました

今から19年前の1994(平成6)年12月、JR高山本線の全通60周年を祝うイヴェントがいくつか催されました。キハ82型6連をピカピカに修繕して10月に走った「メモリアルひだ号」もその一つ。

そんななか、究極だったのがJR西日本からC56160号を借りての特別列車運行。

寒い12月の開催でしたが、1週間ほど前からの試運転を経て、12/11(日)に本運転が高山~飛騨古川間で2往復行われました。高山本線からSLが撤退した1968(昭和43)年から。じつに26年ぶりのSL運行です

このSL効果もあってか、1994年の12月は、高山への観光客数は過去最大の伸び率だったとか??

もちろん私も行きました。SL本運転日には名脇役としてキハ82の「6040ひだ号」も運転されました。

当時の私は、冬場は岐阜県方面へ休みのたびにスキー場ざんまいの日々でしたが、めったにSLが走らない高山本線でのSL運行となれば、話は別です。・・・あれから月日が過ぎ、SLイヴェントははおろか、客車列車自体がJR東海管内から姿を消してしまうとは、この頃は想像もできなかったです。

941211 高山

高山運転区に入区したC56160。1年前の1993年までは扇形庫や転車台も残ってただけに、それら施設が解体されたのは惜しいです。  

濃飛バス特別運行

濃飛バスからかわいいボンネットバスも応援に駆けつけました。いすゞBXD-30のボディーに三菱のボンネットを載せ替えた改造版ですが、1958(昭和33)年製の古参です。

941211 6040ひだ号 美濃太田

SL本運転に華を添えるかの如く、10月に引き続き、キハ82系6連がアンコール登板。「6040ひだ号」として運転されました。新車のようにピカピカです。高山本線:美濃大田

941211 6040ひだ号 白川口~下油井

おなじみの有名撮影地、白川口の鉄橋にて。高山本線:白川口~下油井

941211 飛彈国府駅レタッチ

飛騨国府駅には紅白幕が掲げられていました。

飛彈宮田~飛騨小坂

「6040ひだ号」として運転されたこの時が、キハ82型最後の高山本線入線となりました。高山本線:飛彈宮田~飛彈小坂
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR