DF50引退から30年。いつの日にかカムバックしてほしいですね。

1956(昭和31)年に、国鉄幹線無煙化の切り札としてデビューした電気式ディーゼル機関車:DF50

性能面ではSLよりも劣り、故障が多く保守点検にも難渋する機関車だったと伝えられていますね。1983(昭和58)年9月25日に、トップナンバーと0番台ラスト機65号との重連でサヨナラ列車を牽いたのが本線運転の最後でした。

私が鉄道写真を撮り始めた小学校高学年のころ、既に紀勢と四国のみに残存する絶滅危惧種だったため、ほんのわずかしか撮る機会がなく、駅ホーム停車や機関区内など 「止まり写真」 ばかりで、さっそうと走るカットは1コマもありません。

完全引退してからちょうど30年目。引退後に車籍復活した1号機も、一度も本線復帰することなく四国鉄道文化館入りして静態保存になりましたが、私はいま大阪交通科学館に保存の18号に、ちょっと期待です。

2014年の閉館が決まり、何両かは梅小路に建設予定の博物館に移籍だそうですが、・・・ディーゼルファンの私としては、このDF50を展示走行だけでもいいから復活させてくれないかと願うばかりです。

1983.9.25 高知機関区

四国に生き残ったDF50でしたが、「サヨナラDF50土佐路号」をもって完全引退しました。50系客車を牽いたのはこの時が唯一だったのではないでしょうか。    高知機関区にて。 (1983年9月25日)

1997.3.30 多度津工場一般公開 ①

トップナンバーは車籍復活して、暫くは多度津工場の一般公開時に展示走行して人気を集めましたが、機関不調で2006年以降は静態展示でした。  多度津工場にて  (1997年3月30日)

1997.3.30 多度津工場一般公開 ②

一般公開では私もキャブに乗車させてもらいました。もうこの1号機も走ることはなさそうですね。エンジンのかかってる生きたDF50を撮ったのは、私自身この時が最後です。  多度津工場にて  (1997年3月30日)

1980.3.1 DF50さよなら 尾鷲 (資料画像より)

紀勢本線でのDF50は1980(昭和55)年3月1日が最終運転でした。こちらは他の方が撮影された画像添付になります。  紀勢本線:尾鷲駅 (1980年3月1日)
スポンサーサイト
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR