八高線DD51乗務員訓練 (2017年2月編)

また八高線に乗務員訓練を撮りに来ました。

先月に引き続き訓運転練の追加日程が組まれましたが、今回は信越・上越線などでも運行されました。活発な動きを見せる高碕のデーデー達ですね。

毎日仕事きついですが、何とか調整して、まだ残ってる平日代休を充てて出掛けました。 週間予報では本州各地は大荒れの雨天との予報でしたが、なんのなんの!埼玉~群馬エリアは穏やかなお天気でした。

この日は秩父鉄道で14系客車の搬入が走ったり、高崎線でロクヨン+湘南色クモヤの配給があったりで、八高訓練は激パニックにはなりませんでしたが、それでも人気お立ち台はまずまずの人出でした。

DSC_0963

DD51888号先頭のPP列車が、おなじみのカーヴを駆けて行きます。去年に斜面がコンクリ化され、随分印象が変わってしまいました。  試9920レ 八高線 ; 寄居~折原  (2017年2月24日  12:30 )

DSC_0974-2

復路はDD51895号が先頭。この人気ポイントには約20名が集まりました。  試9921レ 八高線 ; 竹沢~折原  (2017年2月24日  14:06 )

DSC_0978-2

追っかけてもう1カット。 ここは30名くらいいました。ゆっくりと通過して行く姿はなかなか貫録ありました。  試9921レ 八高線 ; 丹庄~群馬藤岡  (2017年2月24日  15:12 )


スポンサーサイト

八高線DD51乗務員訓練 (2017年1月編)

JR東日本:高崎車両センター所属のDD51による乗務員訓練が、寒空の中、八高線で行われました。

今回はなんと、5両編成の旧型客車プッシュプルする形の、ボリュームある内容です。この両数で行われるのは2013年夏以来、3年半ぶりの事で、1/15(日)~17(火)にまず第1段として、1日1往復運転されましたが、この時も沿線は大賑わいだったようです。

私は元々、冬枯れの茶色い景色は好きではなく、あんまり冬場にこういう列車を撮ることはないのですが、旧型客車5連のヘッドマークなし列車となればやはり撮っておきたくもなります。

そんなわけで上下各1本ずつ撮りました。特に人気のお立ち台 : 上りの群馬藤岡~丹荘では100人以上の人出だったようです。

天候に恵まれた冬晴れの1日でしたが、またこの編成で夏場にやってほしいですね。現地でお会いしましたYさん並びに、出撃されましたファンの皆様お疲れ様でした。

9920レ

ちょっと昔の普通列車みたいですね。非電化区間にデーデーの旧型客車はよく似合います。  試9920レ 八高線 : 折原~竹沢  (2017年1月22日)

9921レ

復路も撮りました。次位のスハフ32がピカピカでした。    試9921レ 八高線 : 用土~松久  (2017年1月22日)


大雪の四日市デーデー貨物

1/14(土)夜あたりから、西日本から中部地区にかけて稀に見る大寒波が押し寄せました。

テレビ中継では広島市で19センチの積雪を記録して、吹雪いてる原爆ドームの映像も紹介されてましたね。 今回は東京や千葉地区は大雪の影響はなく、「雪で首都機能マヒ」 とならなかったのは幸いでした。

デーデー貨物の稲沢~四日市も雪の影響を受け、とくに四日市市内は30センチ前後の積雪となり、道路はグチャグチャで、建物被害も出るあり様でしたが、JRや近鉄は多少の遅れで、大幅な運休は免れました。 ・・・気象観測データでは、四日市の積雪16センチとの発表ですが、とんでもない!。どこで測定したんでしょうか??・・・過少申告せねばならない何らかの事情があるんでしょうね。

と言う事で、雪と原色凸を1カット。・・・孤高の原色DD51貨物機 DD51853号です。

CSC_0892-1 DD51853

まるで雪国ですね。通過の少し前には雪は止んでたんですが・・・。  2089レ  関西本線:富田浜~四日市  (2017年1月)


もう見られない。JR貨物のDD51原色重連

DD51貨物の最後の砦となった愛知区で、原色のまま活躍をつづけた2両の生き残りのうち、1805号が2016 (平成28) 年12月に運用を離脱し、これを以てJR貨物の 「DD51原色重連」 の歴史に幕が下ろされました。

1971(昭和46)年に、デゴイチの貨物列車を置き換えるべく稲沢区に投入されて、活躍する事45年目。その間に多くの仲間が離脱し、残った殆どのカマもJR貨物色になってしまいました。・・・近年このDD51を追いかけ、多くファンが沿線に訪れるようになりました。

私は2008(平成20)年から、愛知DD51の原色重連を本格的に撮るようになりました。 ・・・当時、原色DD51のJR貨物色化が加速し、在籍車の過半数がJR貨物色になってしまって、危機感を感じたのがきっかけでした。

それ以降、貴重となったロクヨン原色重連と併せて、地元エリアで撮影する楽しみな被写体でしたが、どちらも今年末で消滅し、本当に残念で困惑しております・・・。 JR貨物色になってしまったDD51を、これからは殆ど撮ることはないと思います。

ただでさえ撮影ネタの少ない東海エリアで、ロクヨンやDD51の貴重な 「原色重連」 が揃って消滅したことで、私は来年はカメラを手にする機会がかなり減りそうです。

DSCF8291 080915 5381レ  蟹江~永和2

西尾張地区の水郷地帯を行く原色重連。    関西本線:蟹江~永和  (2008年9月)

DSC_2328 140507 75レ 富田浜~四日市-1

夕日を浴びて快走する原色重連。先頭の899号は、2015年に引退しました。    関西本線:富田浜~四日市  (2014年5月)

DSCF9238 081014 5282レ 弥富~白鳥

こちらは832号。 2011年に東北震災の復興輸送で福島へ貸し出され、、そのまま終焉を迎えました。   関西本線;弥富~白鳥  (2008年10月)

DSCF9439 081022 251レ  四日市~塩浜-

かつてブルトレ出雲の専用機だった1188号も山陰から愛知区へ転じ、短い活躍ののち吹田~門司へと流転し、2013年に引退しました。    関西本線塩浜支線 : 四日市~塩浜  (2008年11月)

DD511805号 運用離脱か?

JR貨物 : 愛知区に在籍する、DD51のラストナンバーであるDD511805号が、12月も半ばを過ぎた先日、どうやら運用を離脱したようです。

最終運用は、南四日市駅に隣接するJSR物流から出荷されるコンテナ貨物 通称 : 「南四日市貨物」で、当日は普段よりやや多めのファンが、現地でお別れ見送りをするシーンが見られました。

1978(昭和53)年に、成田空港開業に伴うジェット燃料輸送のために増備され、千葉県の佐倉機関区に配属され、その後21世紀に吹田区へ転属、そして2009年からは愛知区で活躍してきましたが、貨物会社に残る数少ない原色機ということで人気でした。

これで残るJR貨物の原色DD51は、853号のみ。・・・コレも時間の問題で、まもなくコンテナや石油輸送の貨物列車の先頭に立つ国鉄色のDD51は終焉ですね。

DSC_0841-3 161220 臨8081レ 四日市~南四日市

DD511805号のコンテナ便が、終点の南四日市駅構内へと滑り込みます。これが最後の入線なのでしょうか。
臨8081レ 関西本線 : 四日市~南四日市  (2016年12月)

DSC_0846-1-1.png

こちらは折り返し便です。 38年間の活躍お疲れさまでした。  臨8080レ 関西本線 : 南四日市~四日市  (2016年12月)
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR