警戒色塗り C108号の 、SL重連急行が運転されました ( 2017年 SLフェスタ in 千頭)

2017年 : SLフェスタ in 千頭 の目玉企画となるSL重連運転で、なんとC108号が、かつて宮城県のラサ工業専用線で活躍してた頃の 「トラ縞色」 塗りで登場しました。・・・しかもこのイヴェント限定で、週明けには元に戻すとのこと…。

いつかは実現すると思ってましたが、警戒色のSLなんて図鑑や写真集でしか見たことないので、うれしい限りです。


ですが、ヘッドマーク掲出でやってきました・・・。愕然!


・・なんでヘッドマーク付けるんでしょうか・・。せっかくのレトロ企画なのに台無しです…ちなみにもう1本の定期便SL急行のほうも、きょうはイヴェント協賛でヘッドマーク付きで運転してました。

マークなしを撮りたかっただけに、正直残念でなりませんが、仕方ありません。 そういえばこの少し前の時刻に、元南海ズームカーが来た際、線路脇にファンが接近しすぎたとのことで緊急停止があったようで、公式HPで注意を呼びかける旨が掲載されてました。…今後のイヴェントに支障が出なければいいですね。

現地でお目にかかりました やかたんさん・きのくにさん・さらの子さん・・ほか皆々様、撮影お疲れ様でした


DSC_1005-2.png

大井川鐡道らしからぬ 「爆煙」 でやってきました! 企画してくださった大井川鐡道さんありがとうございます。  1003レ 大井川鐡道 : 青部~崎平  (2017年3月11日) 

DSC_1011-1-1-2.png

ターンテーブルで方向転換です。  大井川鐡道 : 千頭駅  (2017年3月11日)

DSC_1014-1.png

このあと昼1時半ごろからは撮影会となりました。   大井川鐡道 : 千頭駅  (2017年3月11日)

DSC_1032-1.png

重連SLの復路はC5644号の単機牽引です。・・・それにしてもヘッドマークが目障りですね。  
大井川鐡道:抜里~家山  (2017年3月11日)

DSC_1032.jpg

もと南海のズームカーが丸型マークで走ったのもあり、沿線は賑わいました。   (2017年3月11日)

DSC_1005-3

ちょいとお遊びで、1コマ目の画像のヘッドマークを消してみました。 ・・・ヘッドマークなしでのSL重連を企画してもらえたら嬉しく思います。
スポンサーサイト

大井川鐡道で、EL重連の客車列車運転 (2017年 SLフェスタ in 千頭)

大井川鐡道で 3月11日(土)に、片道限定で電気機関車重連牽引による臨時客車列車が運転されました。 SLフェスタ in 千頭の協賛イヴェントの一環ですが、EL重連というのは非常に珍しいですね。

この日はSL重連運転も予定されてて、沿線はどこもかしこも大賑わい。追っかけは厳しいとの判断で、1発撮りで青部の鉄橋に決めてましたが、数少ない順光ポイントでもあり、ざっと数えて150人くらいの劇パニックでした。

おびただしい路上駐車で、お巡りさんも出動する騒ぎになり、また大井川鉄道スタッフの方々による注意喚起の声掛けもあり、物々しい雰囲気でしたが、ほぼ定刻にEL重連の臨時急行がやってきました。


しかし何と、オレンジ色の客車を連結してました・・・(死)


・・これには意気消沈ですね・・でもまあ貴重な記録をできてとりあえずは良しとしました。


DSC_1001-3.png

今度はオレンジ色客車なしの重連編成を期待したいです。  1001レ 大井川鐡道:青部~崎平  (2017年3月11日)

DSC_1035-3-1.png

復路はE102号の単機牽引です。それにしてもオレンジ色客車・・・困ったものですね。  大井川鐡道:抜里~家山  (2017年3月11日)

DSC_1036-2-1.png

ちょっと昭和レトロを感じさせる雰囲気です。   大井川鐡道:抜里~家山  (2017年3月11日)

DSC_1035-4

こういう編成を撮ってみたくて、オレンジ色客車を青に塗ってみました。・・・私自身、いつかは見てみたい組み合わせです。

クリスマス特別運行の 「ジェームス号」と「トーマス号」  (2016年 Ⅹ'mas 編)

大井川鐡道で、「トーマス号」 「 ジェームス号」 が、今年も Xmas前後に特別装飾で運転されています。

12/17(日)~19(月)と、23(金)~25(日)の6日間の設定で、Yahooニュースでも取り上げられてました。トーマス企画を導入してから丸2年半。夏場を中心に運転されて、安定した人気ぶりで、すっかり定着した感があります。

沿線は大変な賑わいぶりで、普段なら追っかけ撮影も容易なのに、SLと並走して時速30キロ程度でマイカーを運転する身勝手な家族連れドライバーが多数おり、無理な追い越しが横行して危なかったし、途中、崎平駅手前のR362号の狭小区間で交通規制に遭うなど、追っかけはNGとなりました。

2014年の登場以来、私も最初の頃は2度ほど行きましたが、物珍しさが楽しい半面、オリジナルの姿を撮れないイライラも正直有りました。

トーマス号の運転されない時期にも客車はオレンジ色に塗られたままで、黒いSLがオレンジ色客車を牽いてきて幻滅させられることもあり、ここ2年ほどは大井川鉄道詣でが減ってましたが、ま、たまにはいいか??・・・と言う感じで出撃しました。

ま、「トーマス号」 はいいとして、C5644号の 「ジェームス号」 は、そろそろ元通りにしてほしいですね。

JR西日本のC56160号は引退してしまうし、タンク型SLの 「C108号」 や「C11190号」 とは異なる貴重なテンダー型SLのC5644号だからこそ、たまの「ジェームス号」ならいいけど、オリジナルの姿でこれからは通年運行してくれることを望みます。

DSC_0848-3.png

サンタさんの帽子をかぶった 「ジェームス号」 。・・・アニメを忠実に再現した顔はお見事ですね。
1001レ 大井川鐡道本線 : 福用~大和田  (2016年12月24日)

DSC_0852-3.png

お馴染みの笹間渡の「道の駅」の鉄橋にて。 ・・・約200名を超える観光客やSLファンらが見送り、大盛り上がりでした。
1003レ 大井川鐡道本線 : 抜里~川根温泉笹間渡  (2016年12月24日)

DSC_0865-2 161224 千頭

この3台並びは、まさにトーマスのアニメ作品のようです。    大井川鐡道本線 : 千頭駅  (2016年12月24日)

DSC_0856-2.png

多くの方々がこの催事を楽しまれました。風も穏やかで天候にも恵まれた日でした  (2016年12月24日)

大井川鐡道SL復活40周年。 「SLフェスタ 2016年 in 新金谷」

SLの聖地 : 大井川鐡道に、動態保存のために旧国鉄 標茶機関区のC11227号が入線して、今年で40周年。

その後仲間SLも増えて、幾多の苦難や歓喜の時を経て、よくぞここまで運転を継続してくれました。まだこれからも続いてくれるのは嬉しい限りですね。 14系客車の入線で来年はさらに面白くなりそうで、期待大です。

 さてと、今回は別に40周年だからお出掛けと言うわけでもなく、妻からの大井川鐡道へのお出掛け提案でした。 ・・・SMAPファンの妻が、フジTV 「おじゃMAP」 を観て、香取慎吾さん、高嶋政宏さん、ザキヤマさんほかの方々が大井川鐡道の取材に来てたのを観て、行きたいと言ったのがきっかけです。

私は最近、大井川鐡道に出掛ける機会は大幅に減りました。 ・・・きかんしゃトーマス系の演出が過剰になりすぎたからです。

 トーマス号はともかく、唯一のテンダー型SLで一番人気の C5644号 までもが、赤く塗られて原形をとどめない姿になった事や、オレンジ色の客車と茶色客車の混用で、編成が汚くなった事などで、足が遠のいてしまいました。 トーマス号やジェームス号もいいですが、やはり原形の姿のほうがいいですね。

この日は2往復運転です。臨時スジの 1003レ と 1002レ が C108+旧型客車編成で、定期スジが C11190+オレンジ客車で運転されました。撮影は茶色編成のみにして、会場イヴェントを楽しんだり、SL列車に途中から乗ったりと、いろいろ楽しみました。

CSC_0656-1.png

新金谷機関区で並んだ3台のSL。沢山の観光客や鉄道ファンで賑わってました。  (2016年10月22日)

DSC_0633-01-1-1.png

電機機関車と「蒸電重連」で客車を牽くC108号。  1003レ 大井川鐡道本線 : 大和田~家山  (2016年10月22日  ※画像編集あり)

DSC_0635-1.png

お馴染みの鉄橋にて。ご家族連れでお立ち台は賑わってました。   1003レ 大井川鐡道本線 : 抜里~川根温泉笹間渡  (2016年10月22日  )

DSC_0636.png

3発目はココで。  1003レ 大井川鐡道本線 : 塩郷~下泉  (2016年10月22日  ※画像編集あり)

DSC_0638-2.jpg

千頭駅到着後の方転シーンも、見てて楽しいですね。   大井川鐡道本線 : 千頭駅  (2016年10月22日 )

DSC_0655-3.png

復路も撮りました。カマ次位に展望客車ですが、撮影する側にとっては、この客車が入ると嫌ですね。  1002レ 大井川鐡道本線 : 抜里~家山  (2016年10月22日  ※画像編集あり)

DSC_0632-1.png

もと国鉄特急 : 「つばめ」 「はつかり」 用だったスハフ43型。 貴重な客車ですが、コレを含めた青色客車ばかりの数両編成を観てみたいものですね。   大井川鐡道本線 : 家山駅  (2016年10月22日 )

CSC_0659-2-1.png

電機機関車も味わいある顔ですね。  1002レ 大井川鐡道本線 : 大和田~福用  (2016年10月22日  後打ち撮影。 ※画像編集あり)

CSC_0653-2-1.png

もうひとつ電機機関車を。   1002レ 大井川鐡道本線 : 下泉~塩郷  (2016年10月22日  後打ち撮影。 ※画像編集あり)

DSC_0663.jpg

帰りに袋井市内で見たコスモス畑です。

DSC_0669-2.jpg

新金谷駅の売店で、お土産に実物大のホーロー製 :「かわね路号」 銘盤サボを (上) を買いました。40枚限定との事でした。




大井川鐡道 : 「電機機関車牽引 長距離鈍行列車ツアー」

大井川鐡道で4/23(土)に、全行程10時間57分に及ぶ長距離客車列車ツアーが、電機機関車E101型の牽引で行われました。

ま、現地ではイヴェントとして時々行なわれてるEL牽引客車列車ですが、復活SL牽引の客車列車が随分幅を利かせてる昨今、全国的にみてELやDL牽引の「客車列車のほうが稀少価値ありますよね。

私は乗車はせず、ちょっとだけ撮りテツしてきましたが、全行程10時間57分という長丁場は、のんびり楽しい半面、なかなか乗り疲れする内容だった事でしょうね。 

1往復目
新金谷9:48発 ==761レ== 千 頭11:14着
※新金谷の列車入線時刻は9:25になります。
千 頭11:55発 ==762レ== 新金谷13:18着

2往復目 新金谷13:39発 ==763レ== 千 頭15:17着
千 頭15:38発 ==764レ== 新金谷17:00着

3往復目 新金谷17:30発 ==765レ== 千 頭18:51着
千 頭19:27発 ==766レ== 新金谷20:45着
※新金谷→金谷は、臨時電車を運転します。新金谷20:50発→金谷20:54着

列車編成は スハフ42186+オハ3522+オハフ33469+オハに367 の4連でした。 戦前~昭和20年代製造の客車のみならず、牽引するE101型も 1949 (昭和24) 年製の還暦機関車。レトロ感は申し分ないです。 こういったイヴェントの時に出番の多いE10型ですが、たまにはもうひとつのEL 「いぶき501号」 にも出てほしいですね。


保存SLの聖地に来ながら、私はきょうはSLかわね路号は撮りませんでした。 最近トーマス号用にオレンジ色に塗色変更された客車と茶色客車をゴチャ混ぜに組み合わせた編成でのSL列車運行が増えており、ちょっと私は違和感を覚えて敬遠してます。

親子連れの観光客の方々の絶大な支持で・今季もトーマス号が間もなく運行開始されますが、オリジナルに近い客車列車が好きな私には、「早く元通りにしてほしいなぁ~」 との思いもあり,、・・・こればっかりは如何ともしがたいですね。

DSC_4908-3.jpg

レトロな国鉄支線客車列車の雰囲気を醸しだすE101牽引の客車4連。・・・とはいっても、その昔に実際にデッキ付き電機が旧型客車鈍行を牽いた単線国鉄路線って、あんまりなかったかも??   763レ 大井川本線:青部~崎平  (2016年4月23日)

DSC_4901-3.jpg

SLもいいですが、電機が牽引する客車列車のほうがどちらかと言えば好きな私には、こういうイヴェント列車は嬉しい限りです。また撮りたいですし、乗車も楽しそうですね。  763レ 大井川本線:大和田~家山  (2016年4月23日)  ※ 画像編集で客車の窓を閉めております。

DSC_4904 160423 763レ 下泉~田野口3

午後は順光になるお立ち台:中徳橋より。・・・曇りました。  763レ 大井川本線:下泉~田野口  (2016年4月23日)

DSC_4892-3.jpg

乗車された方々は、やはり中高年~ご年配の方々が多かったように感じました。沿線ののどかな風景を眺めながらの乗車は、良い想い出になった事でしょうね。  (2016年4月23日)

S0103253 120503 102レ 塩郷~下泉 

こちらは過去の画像です。・・・いまから4年前の今頃の季節ですが、3コマ目の画像左下と比べると、線路インカーヴ側も背後にも、たくさんの茶畑がありますね~。生産者の耕作放棄で、茶畑が消えてしまうのも時代の流れなのでしょうか・・・    塩郷~下泉  (2012年5月撮影)

プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR