FC2ブログ

山手線:高輪ゲートウェイ駅の硬券入場券

2020年3月14日のJRグループダイヤ改正で、JR山手線に49年ぶりの新駅ができました。

皆さんご存じの、「高輪ゲートウェイ駅」。・・・テレビのニュースで大々的に取り上げられてました。

新型コロナウィルスの影響で各地で人影がまばらな昨今、開駅イベントは自粛となりましたが、初物好きの方々が
たくさん駅に駆け付け、券売機で当日日付の切符を買おうと、なんと最大5時間待ちの大行列だったようです。

鉄道ファン好みの、「硬券入場券」 は、JR東日本では合理化により1991(平成3)年で取扱いを廃止してますが、
記念イベントの際は臨時で発売が継続されており、今回はネット注文のみの発売で、即完売だったようです。

私も入手しましたが、印刷様式はいかにも硬券入場券らしいレイアウトで、好ましいですね。

高輪ゲートウェイ駅 NEWSポストセブン-1

山手線で30番目の駅となる 「高輪ゲートウェイ駅」 。建築家・隈研吾氏のデザインで、構内には無人コンビニなど、
新システムが多く取り入れられています。  (NEWSポストセブンさんの画像をお借りしてます)

高輪ゲート

こちらは硬券入場券。ダッチングマシンふうの日付印字で、小児用断片もあり、好ましいデザインです。

高輪2

クリアホルダーと切手セットも一緒におまけとしてついてました。
スポンサーサイト



上越新幹線  ガーラ湯沢駅の硬券入場券

上越新幹線の越後湯沢駅から分岐する、スキー場直結の季節営業駅の。「ガーラ湯沢駅」。

開駅は30年前、1990年12月20日、バブル景気末期の頃でした

当時は、東京から75分、週末のハナキンのアフター5 (・・・ってか、これ死語??) に、スーツ姿で現地へGO!
レンタルスキーでナイターゲレンデに繰り出し、その日のうちにまたスーツに着替えて東京へ戻れるのがウリでした。

トレンディードラマが流行り、ソバージュやワンレンのヘアスタイル ・ 肩パッド入りスーツがおしゃれの最前線で、
イタ飯やティラミスを食べに行くのが話題のこの頃は、今よりおしゃれな時代だったかも??

私はバブル景気がギリギリわかる年代で、例にならって、学生の分際でロシニョールやフェニックスのスキー用品で
ゲレンデに繰り出し、ドラマや映画の憧れのシーンを真似たりしてました。・・・ま、いまはスノボ時代ですけどね。

ところで、ガーラ湯沢駅の開業日は、窓口で硬券入場券がほんとうに販売されたかは謎で、市場に流通した硬券入場券
は、東京印刷所の正規品か否かも不明です。ただ、昔から人気の稀少券で、30周年を記念して復刻してほしいものです。

Gala-yuzawa_sta_201802

30年前の開業時からの駅舎。リゾート地らしい作りですね。  (Wikipedia画像より)

ガーラ湯沢 入場券

自宅にある、限定品の硬券入場券。 2010年には20周年記念で、印刷様式の異なる復刻入場券が出ました。
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR