懐かしの 「新垂井駅」 硬券入場券

久々の硬券切符ネタになります。

先日、東海道本線の迂回ルート 「垂井線」 で貨物撮影をしましたが、その際に、ふと思いました。「ここには新垂井駅があったんだ・・・」  と。 もう廃止されてから随分経ちます・・・。

今でもホーム跡は残ってますが、駅舎は解体されて更地になっています。

そもそも戦時中に東海道線の輸送力を増強する目的で建設された駅です。 大垣~垂井~関ヶ原の25パミール急こう配を避けて緩やかな迂回路線が造られた際に誕生した駅で、1日数本の下り列車のみが停車する変わった駅でした。

しかしその不便さゆえに利用客はまばら、1972 (昭和47) 年3月31日限りで無人化されました。

無人化後も駅は存続しましたが、次第に荒廃していき、国鉄最後のダイヤ改正の1986 (昭和61) 年11月1日をもって過去帳入りし、伝説のかなたへと消えて幾歳もの月日が流れました。

草生した旧:新垂井駅ホーム跡を、いまもEF210貨物列車や683系 「特急しらさぎ号」 などが走り、幹線の面目を保ってはいますが、これらはあくまで急こう配を避けた迂回列車。通勤通学の旅客輸送はすべて “本線” 側を走ります。 ・・・私がまだ小さい頃は、マンモス電機EH10が轟音を立てて新垂井駅を駆け抜けた事でしょう。観ておきたかったな~と、しみじみ思います。

新垂井駅 1986.03 月-2 - コピー

立派な木造駅舎の 「新垂井駅」 。 こちらの画像は駅舎訪問HPでおなじみの「さいき様」からご頒布いただいた画像です。撮影は1986 (昭和61) 年。廃止・解体される少し前だそうです。 左側の柵がホームとの仕切りです。

001-S-TARUI3.gif

位置関係はこんな感じ。こちらも「さいき様」のHPより。

CSC_4078 新垂井

自宅にある新垂井駅の無人化最終日の硬券入場券。流通枚数はおそらく百数十枚程度ではないかと思われます。

S0413735 新垂井駅跡2

旧:新垂井駅構内で撮った 「しらさぎ号」 。雑草や樹木が生い茂り、高速運転の特急車内からは、ここが駅跡とはわかりづらいでしょうね。



スポンサーサイト

武豊線:東成岩駅の入場券 ( 50.11.14 限りで無人化 )

JR東海の大府駅から分岐する武豊線(19.3キロ)。長年の沿線住民の懸案であった電化工事が許認可され、いま新たなコンクリート電柱が目立ち始めましたね~。

運行安全方式はATS-PT方式を採用するものの、線内に乗り入れる衣浦臨海鉄道の貨物列車は未だタブレット閉塞を使用してたり、日本最古の木造駅舎や日本最古の木造跨橋が残り、興味が尽きない魅力的な路線ですね。

開業以来ずっと無人停留所の尾張森岡や石浜を除き、あとの駅は後年になって無人化された乙川・東成岩以外、現在も駅員配置です。

ちょっと切符をご紹介させていただきましょう。

東成岩 無人化最終日券

自宅にある、東成岩駅の有人営業最終日の入場券。この翌日 50.11.15日 から無人化されました

DSCF7466 130409 東成岩

現在の東成岩駅の外観。昔からの木造駅舎が大きく改装されて健在です。(2013年4月9日撮影)

東成岩駅 1966(昭和41)年1月15日

武豊線の歴史ページから抜粋させていただいた資料画像。1966(昭和41)年1月15日の東成岩駅

DSCF7871 130409 亀崎

起点の大府駅から6つめの亀崎駅は、1886(明治19)年3月1日開業時のままの駅舎が今も健在。日本最古と伝えられてますが、・・・う~むホントのところどうなんでしょうか??   (2013年4月9日撮影)

亀崎

ここにもかつては硬券入場券はありました。勿論いまはPOS端末と券売機のみでの発券ですが・・・。

DSCF7873 130409 半田

半田駅には1910(明治43)年11月竣工と伝えられる現役最古の木造跨線橋が健在。

半田 POS化最終日券

半田駅も1991(平成3)年2月1日にPOS端末切り替えで硬券を廃止。入場券はその前の1月28日に販売を終了しました。画像は発売最終日券。

乙川 無人化最終日券

ついでにオマケで乙川駅の有人最終日券も。60.3.31限りで無人化されてしまいました。

紀勢本線:亀山~新宮間の入場券 ( 無人化駅 )

紀勢本線の亀山~新宮間 180.2キロ区間は、両駅を含め41の駅があります。

全区間非電化で風光明媚な景色ですが、絶好の被写体である紀勢貨物の廃止は衝撃的でした。

ところでこの区間、1983年末までは、ほぼ全駅が駅員配置でした。

無人だったのは波田須駅のみ。また、梅ヶ谷と大曽根浦の2駅は、窓口業務を行わず、タブレット閉塞担当の運転要員のみ配置の有人駅でしたが、それ以外の駅は全部通常の有人駅でした。

当然、特急南紀も各駅でタブレット受収をやりながらの運行で、とくに三瀬谷以遠の多くの駅は腕木式信号でした。

そんな良き風情の路線も、1983(昭和58)年12月20日をもって、タブレット閉塞に幕が下ろされ、翌12月21日からCTC化。何と一気に27駅が無人化されてしまいました。

この時に無人化を逃れた大泊・鵜殿も1986(昭和61)年10月31日をもって無人化、JR化時点では、亀山・一身田・高茶屋・津・松坂・多気・三瀬谷・紀伊長島・尾鷲・熊野市にまで減少しました。

それ以外では簡易委託や臨時営業で新鹿・相賀・三木里・賀田をはじめとする一部駅で乗車券が発売されたにすぎず、これらもやがて完全無人化となりました。

いまはさらに一身田や高茶屋、三瀬谷も完全無人化され、合理化の波はとどまるところがないですね。

紀勢本線 - コピー

CTC化前日の、有人最終日の入場券。・・・コレは後年に収集したもので、当時はまだ免許もないガキだったので、クルマで丹念に1駅ごと訪問なんて夢のまた夢でした・・・。

鵜殿・大泊

無人化を逃れた大泊・鵜殿も国鉄最後のダイヤ改正前日の61.10.31が有人最終日となりました。

波田須

逆にこちらは、1日限り臨時発売された波田須駅の入場券。開業50周年を記念しての発売です。

S0562991 111211 9341D 阿曽~伊勢柏崎2

こちらは阿曽~伊勢柏崎で撮った波田須駅開業50周年記念号。画像は鉄道ファン誌 '12.3月号でも掲載いただき、お礼申し上げます。
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR