FC2ブログ

EF641052 牽引  「信州カシオペア紀行」 運転

9/29(土)から30(日)にかけて、上野~長野間で、「信州カシオペア紀行」 が今年も運転されました。

牽引したのは、茶色+白帯に塗色変更された EF641052号 。 運転が正式発表された時点で、機番指定になっていました。

・・・あんまり撮影意欲のわかない、みっともない車体色のロクヨン牽引でしたが、来年以降、年に1度のカシオペア編成の信州運用が継続されるのか不明なので、行く事にしました。

前日は私は新潟にいましたが、夕方から移動し、撮影地の近くで1泊して、朝は睡眠充分で撮影地に移動だったので楽でした。

もし来年も運転されるのなら、ぜひブルーの1001号か、原色復帰予定の37号の登板を期待したいですが、信州カシオペアには原色機を登板させたくない理由が現場関係者にあるとの噂も聞きます。・・・よくわからん話ですが、もう白帯1052号は今回だけで満足です。

CSC_4207.png

それにしても残念な塗色です・・早く原色に戻してほしいですね。  9011レ 篠ノ井線:稲荷山~篠ノ井 (2018年9月30日)

DSC_2626 180930 稲荷山ほか

おなじみの直線に集まったファンは約40名。随分少ない人数で平和な撮影でした。  (2018年9月30日)

DSC_0014 180930 朝食

撮影後にホテルに戻り、ゆkっくり朝食です。朝からハッシュドビーフは嬉しかったです。  (2018年9月30日  スマホ画像 )
スポンサーサイト

DD51+12系+EF64 「本物の出会い栃木号」 運転

4/1(日)、東北本線 : 浦和~宇都宮で、「本物の出会い栃木号」 が運転されました。

東京側にDD51842号、宇都宮川にEF641053号が付き、12系客車5連を牽引しました。

ヘッドマークはつかない好ましい運行スタイルでしたが、サクラも満開、お天気もよくて、各地は多くのファンで賑わいました。

CSC_3113-1.png

通称:ヒガハスの直線にて。 いい昭和の雰囲気ですね~。  9525レ 東北本線:東大宮~蓮田 (2018年4月1日)

DSC_3086-4 - コピー

こちらは送り込み回送。  回9824レ  東北本線:蕨~西川口  (2018年4月1日)

快速 「ELみなかみ号」 EF64原色重連で運転。 

10/21(土)、JR東日本高崎車両センターのEF64を使用した 「ELみなかみ号」 が、高崎~水上間で運転されました。

今回は1053号と1052号が原色重連を組んで12系5両を牽引するという珍しい格好での運転でした。

台風接近で本州全域が小雨の中、沿線には傘をさして多くのファンが詰めかけました。 ・・・わからなくもないですね。ロクヨン原色重連の客車列車なんて、大変珍しいですからね。ヘッドマークは未掲出で、ありがたい計らいです。

高崎ロクヨンといえば、先日1001号が原色に戻されましたね。本当にうれしい出来事で、やっとあのみっともない白帯茶ガマを見ずに済むのは有難いですが、逆に1052号を白帯茶ガマにするという噂があり、絶対それはやめてほしいですが・・・

DSC_2491

ヤギシブ直線を行く「ELみなかみ号」。約50名がカメラを構えました。  9731レ 上越線 : 八木原~渋川 (2017年10月21日)

DSC_2495-3 171021 9731レ 津久田~岩本

渋川停車の間に追っかけて2発目。ココも鉄ファンで多賑わいでした。  9731レ 上越線 : 津久田~岩本 (2017年10月21日)

DSC_2499

3発目は諏訪峡で。かつての 「上越のヌシEF64」 今なお健在です。 9731レ 上越線 : 津久田~岩本 (2017年10月21日)

CSC_2506.png

水上駅構内で入れ替え作業を行うEF64。昔と変わらない緑に囲まれた山峡の構内は、1980年前後の1000番台が誕生した頃の雰囲気そのままです。  上越線・水上駅  (2017年10月21日)

DSC_2508

復路は1052号が先頭。露光数値が厳しい中での撮影でした。  上越線 : 津久田~敷島 (2017年10月21日)

快速 「レトロ大糸線号」  原色EF64プッシュプルで運転。 

9/23(土)に、大糸線:松本~南小谷間において、 「レトロ大糸線号」 が運転されました。

JR東日本 高崎車両センターのEF641053号+旧型客車4両+EF641052号の編成で運転され、当日朝に長野~松本間で送り込み回送も行われました。 翌24(日)は松本~富士見間で、 「レトロ中央線号」 として運転されます。

原色ロクヨン1000番台のプッシュプルっで中央・大糸線を走るのは、過去にはあまり無かったですね。このエリアでは茶色に白帯の醜い塗色の1001号が登板する事が多いですが、今回は検査入場中のため青ガマの出番となった格好です。

この日私は、長野の観光も兼ねてこの列車を撮りました。これでヘッドマークが無しなら、より一層レトロ列車らしくなるのでと嬉しいのですが、止むおえません。午前午後に1本ずつのみではありましたが。撮れて良かったです。

DSC_2355

名所 : 姨捨カーブで、原色ロクヨンPPを撮れて満足です。  回9222レ 篠ノ井線:稲荷山~姨捨  (2017年9月23日) 

DSC_2375-4

雲が多い日でしたが、無事に陽がさしてくれました。 9364レ 大糸線:南豊科~中萱  (2017年9月23日 ※画像修整あり)

DSC_2356-4 170923 9363レ 白馬大池~千国

こちらは他の方からご頒布の画像。1052号先頭の「レトロ大糸線号」  9363レ 大糸線:白馬大池~千国 (2017年9月23日)

DSC_2360-2.png

元上田交通の丸窓電車も観てきました。    長野計器正門前 (2017年9月23日)

DSC_1851 170923 姨捨-2

・・・ついでに篠ノ井線 の 「姨捨駅」 。 趣ある駅舎は観光客にも人気です。  (2017年9月23日)

EF6437牽引 「カシオペア信州号」  (2017年夏編)

今年の夏も、東京から長野へ、カシオペアE26系12両編成が走りました。

2016年にも、土曜日夕刻~日曜日にかけて3回走りましたが、うち2回私は仕事で行けず、行くつもりだった1回は、ヘンな白帯を巻いたEF641001号が登板したので、撮影意欲が失せて断念しました。

今回も本当は日曜出勤とぶつかってたので無理っぽかったのですが、同僚に休日出勤を交代してもらって事なきを得ました・・・でも第3土日が出勤になってしまいましたが・・・。それはさておき、無事にEF6437号が登板してくれたので、休みを無駄にせずに済みました。 やれやれホッとしてます。

篠ノ井線内での撮影遠征でしたが、上手くやれば3カットくらい行けるところを、無理せずに稲荷山ストレートのみにしました。

DSC_1838-4

デラックス寝台列車の王者の風格漂うカシオペアE26系編成。・・・EF6437号、オリジナル塗色ではないものの、よく似合ってて違和感なくカメラを向けられます。  9021レ 篠ノ井線:稲荷山~篠ノ井  (2017年7月2日)

DSC_1819-2-1.png

旧中山道ぞいに長野へ向かう界隈は、いろんな歴史的名勝があって、観光も楽しめますね。 妻籠宿 (岐阜県) ・ 奈良井宿 (長野県塩尻市) ・ 松本城(長野県松本市) など、見どころたくさんです。  (2017年7月2日)
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR