八高線DD51乗務員訓練 (2014年7月編)

夏によく行われるJR東日本:八高線のDD51乗務員訓練が、先月に引き続きこの7月も少し行われました。

6月は旧型客車2両をDD51でプッシュプルでしたが、今回は旧型客車1両という変わった内容で、7/22(火) ・ 7/24(木) ・ 7/31(木) の3回走りました。

私は先月の休日出勤の代休がまだ1回残ってたので、31日に充てて、「ムーンライトながら号」 に乗って出掛けました。

お馴染み定番撮影地の、折原~竹沢での撮影でしたが、平日にもかかわらず約15名の撮りテツの皆さんが集まりました。炎天下の中での撮影でしたが、和気あいあいの雰囲気で、何人かで手分けして草刈りをしたり、楽しかったです。

CSC_3022 140731 試9220レ 折原~竹沢

お召機DD51842号+スハフ422173+DD51897号 (いずれも高崎車) による乗務員訓練列車。・・・俯瞰アングルで撮りましたが、木々の成長が著しく、非常に撮りにくい状況です。   試9220レ 八高線:折原~竹沢  (2014年7月31日 12:39 )

CSC_3014 140731 試9221レ 竹沢~折原

こちらは復路の乗務員訓練列車。皆さんで手分けして草刈りを進めさせていただき、足元スッキリです。皆さんお疲れ様でした。  試9221レ  八高線:竹沢~折原  (2014年7月31日 13:55 )

DSC_2966 140731 竹沢

きょうはレンタカーではなく鉄道移動でした。竹沢駅から撮影地へは徒歩約20分強です。・・・竹沢駅は1日の利用者が数十人の小駅で、2008年に現駅舎に建て替えられたあとも簡易委託で営業されて来ましたが、2012年に完全無人化されました。   八高線:竹沢駅  (2014年7月31日)

DSC_2979 140731 折原~竹沢 レタッチ

ちょっとお遊びで、きょう撮った画像を旧型客車3連にグレードUPしてみました。・・・ホントはこれぐらいのボリュームがほしかった想いからですが・・・〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ

DSC_3019 140731 東京

帰りののぞみに乗る前に、ちょっと撮りました。 最近185系に国鉄色復活 (緑ストライプ塗り) が増え、最新型E233系と昭和の国鉄カラー185系が並ぶ光景が多いですね。   東海道本線:東京駅  (2014年7月31日)

スポンサーサイト

185系 国鉄色 (緑ストライプ) の、「ムーンライトながら号」

2014年7月25日夜の下り便より、この夏も「ムーンライトながら号」が、東京~大垣間にて運行を開始しました。

私も出勤前にちょっと撮ってきました。国鉄色に塗り直されたB7編成も充当され、運用通りならば今週末の土曜の9391Mにも入る可能性があり、そうなると撮影名所の穂積~大垣の揖斐川堤防はカメラマンの方々で賑わうかもしれませんね。

さぁ~て、今から会社行ってきます。

CSC_2954 140730 穂積~大垣

懐かしい国鉄カラーの 「ムーンライトながら号」   9391M 東海道本線:穂積~大垣  (2014年7月30日)

DD51 「やまぐち号」 ・・・SL復帰までしばらく活躍しそうですね。

C571やまぐち号は7月5日に夏の運行を開始して早々、1週間後に軸ヤケほかの故障が見つかり運用離脱しました。

その後DD511043(関)がピンチヒッターとして 「やまぐち号」 の牽引に赴いてますが、これから来月お盆にかけてもDD51の出番となるのでしょうか・・・??

去年夏に山口線の途中区間 : 地福~津和野間 19.0km は台風で未曾有の被害に遭い、何カ所かで橋梁流出や土石流で築堤流出などが起き、壊滅的打撃を受けましたが、ようやく8月23日に全面復旧とのことですが、その日までにC571がカムバックするのか否か微妙ですね。

そんな中で、いまや貴重なDL牽引客車列車が走る山口線に出掛けて来ました。

CSC_2950-5

私はDL大好き人間なので、もし自分が山口線沿線住民だったら毎週末撮りまくってるかも・・・。ヘッドマークなしで走ってくれてるのも嬉しい限りです。   9521レ 山口線:長門峡~渡川  (2014年7月27日)

DSC_2923.jpg

全面復旧になるまでは地福駅が終点です。ここでパックツアーの方々は観光バスに乗り換えます。DD51は復路に備え機回しが行われます    山口線:地福駅  (2014年7月27日)

DSC_2926.jpg

島式ホームの両端で手際よく入換え作業です。昔の国鉄ローカル線の客レ機廻しのような光景ですね。  山口線:地福駅  (2014年7月27日)

DSC_2927.jpg

期間限定のSL終点駅 「地福駅」 。・・・駅舎内にキヨスクも開設され、駅事務所の一部が冷房完備の休憩所となり、やまぐち号のDVDがON/AIRされてます。 お陰様でDD51を観て触れて撮って、とても贅沢な時間を過ごせました。 (2014年7月27日)

DSC_2943-3.jpg

島根特産品の 「石州瓦」 を使用した赤い屋根の家々を背景に、やまぐち号がゆっくりと走り過ぎて行きます。  9522レ 山口線:渡川~長門峡   ※踏切部分レタッチ修正してります  (2014年7月27日)

CSC_2949-2.jpg

このあともう1カットで撮って帰りましたが、国道9号線が途中で通行止めになり往生しました。  9522レ 山口線:長門峡~篠目  (2014年7月27日)    

DSC_3021 140801 中国地区限定ぶち

帰りに新山口駅で買った、GEORGIAの中国地区限定版 ”ぶち” 。味は甘さ&ビター感が程よい割合でした。・・・しかし缶コーヒーのパッケージに鯉のイラストは珍しいですね。


「愛知:師崎花ひろばのヒマワリ」 「衣浦臨海鉄道」 「桑名市水郷花火大会」

たまには家庭サービスも必要なので、7/26(土)は少しお出掛けです。

6月以降、日用出勤や祝日出勤を少し減らすシフトに変更になり、テツ趣味がやりやすくなりましたが、そればっかりではいけませんし・・・(汗)。

で、ちょっとだけ画像をご報告です。

DSC_2815

いったい何万本あるのでしょうか・・・画像はほんの一部です。見事な咲きっぷりですね。   師崎」花ひろば (2014年7月26日)

DSC_2819

その後ちょっと寄り道。衣浦臨海鉄道の貨物も撮りました。    衣浦臨海鉄道:半田埠頭~東成岩  (2014年7月26日)

DSC_2878.jpg

夜は桑名市水郷花火大会へ。地元テツお仲間のTAKUさんの報告記事を参考に、すいてる堤防北川から観ました。  (2014年7月26日)

大井川鐡道に譲渡された大手私鉄の名車の、哀しき末路

大井川鉄道はかつては 「電車博物館」 の異名を取るほど、全国大手私鉄の名車を集めて第2の人生を開花させることで有名でした。

現在も元南海電鉄の急行車21000系や元近鉄16000系が活躍中ですが、車両の状態があまりよくありません。

クルマ社会なうえに、沿線人口の減少が加速し、厳しい経営状態が続く同社に、かつての 「電車博物館」 の様相はもう有りません。・・・いまは長野電鉄や富山地方鉄道が、まさに電車博物館の雰囲気がありますね。

少しだけ画像でご紹介です。

880805 家山

1957(昭和32)年に誕生した日本の近代的デラックス特急のパイオニア 元小田急SE車も、かつては1編成が大井川鐡道へやってきました。しかし5両編成ではその身をもてあまし、ほんのわずか活躍しただけでした。 これは廃車後の姿を撮ったものです。    大井川鐡道:家山駅  (1988年8月5日)

DSC_2774 140713 新金谷 

1953(昭和28)年に誕生の元近鉄特急420系。正面がノーHゴム大窓の端正な美しさがありました。大井川へ譲渡後、近鉄特急時代のカラーに戻されて運用されましたが、メインで活躍する機会は少なかったです。  大井川鐡道:新金谷駅  (2014年7月13日)

DSC_2744 140713 家山

1972(昭和47)年製の元京阪3000系。有名なテレビカーですね。 この2014年2月に運用を離脱し留置中ですが、傷みも目立ち始めています。  大井川鐡道:家山駅  (2014年7月13日)

湖西線全通40周年号 DD51+サロンカーなにわで運転

きょうはDD51+サロンカーなにわ7連による「湖西線全通40周年記念号」 が運転されました。

JR西日本の山科~近江塩津間 (74.1km) が開通したのはちょうど40年前の 1974 (昭和49) 年7月20日。

この路線の開業で北陸方面への優等列車や貨物列車が、それまですべて東海道本線:、米原経由で運行されていたものがこちらに移行、大幅なスピードUPが実現したのは皆さんご存じのとおりです。・・・早いものでもう40周年ですね。

私はイヴェントHMを掲出した列車は好みませんが、周年祝賀のマークとなれば話は別。撮影に出掛けました。

・・・しかし3連休の方々が多いせいもあり、道路は各地で大混雑・・・Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ

1カット目を東海道本線:島本~山崎で撮った後、名神高速に乗るもいきなり大渋滞・・・諦めて国道1号線に降りるも大渋滞。・・・やっと国道161号に合流したら、まったく動かずの大渋滞・・・。これには参りました。

追っかけ撮影の予定もNGになり、お昼に琵琶湖グルメや手打そばでランチする予定も白紙になり、しかも渋滞疲れでヘトヘトでした。

DSC_2792-5.jpg

DD511183号(宮)+サロンカーなにわ7連による記念列車。ヘッドマークの原画は沿線の学校の生徒さんの手製イラストとの事でした。  回9513レ 東海道本線:島本~山崎   (2014年7月20日 09:41  ※画像は若干レタッチしています)

CSC_2806-2.jpg

琵琶湖をバックに、復路のDD51+なにわ編成が駆け抜けます。  9518レ 湖西線:近江高島~北小松  (2014年7月20日 15:57)

きかんしゃトーマス号を撮りました。

大井川鐡道のC11227号が、「きかんしゃトーマス」 に変身し、ちょっとした話題ですね。

7/13(日)、空模様が怪しい中お出掛けして見て来ました。

厳しい経営状況が続く大井川鐡道はこの春のダイヤ改正で各駅停車の大幅減便を行い、赤字減らしの経営努力も限界に来てるようです。・・・そこで??会社利益の殆どを稼ぎ出すSL運行枠に、“切り札” 的存在のトーマス号を用意しましたね~。

乗車率や予約は絶好調で、きょうも沿線はたいへん賑わっていました。

DSC_2737-2.jpg

茶畑を行くトーマス号。  1003レ  福用~大和田  (2014年7月13日)

DSC_2729.jpg

愛嬌のあるスタイル。本家のイギリス版と比較しても遜色ない出来栄えです。   新金谷機関区  (2014年7月13日)

DSC_2762-2.jpg

有名撮影地の茶畑カーヴにて。約30名近いギャラリーの数でした。  1004レ  抜里~家山  (2014年7月13日)

DSC_2767.jpg

元近鉄の16000系、厳しい経営状況で車両の手入れが行き届かず、座席破損や天井雨漏りが発生するケースが多発、あまり状態はよくありません。  千頭行き9M   家山~抜里  (2014年7月13日)

DSC_2739-2.jpg

こちらがいつもの姿のSL。雨脚が強まる中、きょうはC5644が牽引します。  101レ  福用~大和田  (2014年7月13日)

CSC_2743-2.jpg

家山駅で5分停車する間に追い抜き、もう1カット撮影です。(晴れたら逆光アウトです)  101レ  家山~抜里 (2014年7月13日)

CSC_2758.jpg

元南海電鉄の汎用特急車両21001系。元近鉄車両同様、車両のお手入れはこちらもあまりよくありません  金谷行き8M  抜里~家山 (2014年7月13日)

DSC_2765-2.jpg

C5644の102レを撮って現地を撤収。新金谷に寄り道してから帰りました。  102レ  抜里~家山  (2014年7月13日)


北近畿タンゴ鉄道  キヤ軌道検測   (2014年7月編)

おなじみの軌道検測車が北近畿タンゴ鉄道に入線しました。

私は1カ月ぶりの土曜休みが取れ、他の用事や観光も含めてちょっと行ってきました。

DSC_2720-2.jpg

JR山陰本線から毎日乗り入れてる原色381系の 「はしだて1号・6号」。 平日は4連ですが土日は6連になる事が多いです。  5086M  北近畿タンゴ鉄道宮福線:喜多~辛皮   (2014年7月12日)

DSC_2700.jpg

由良川を渡る観光車両 「あおまつ号」 。 ローカル運用車両をリニューアルして 「あかまつ」 「あおまつ」 「くろまつ」 なる豪華車両に生まれ変わり、車内に調理カウンターが設置されてグルメ列車になりました。   北近畿タンゴ鉄道宮津線:丹後神崎~丹後由良  (2014年7月12日)

黒松 車内画像

こちらは観光案内からコピーさせていただいた「くろまつ号」の車内画像。まるで食堂車ですね。奥左側に供食カウンターがあります。

DSC_2716-2.jpg

キヤ検測、せっかく撮ったんですが・・・北近畿タンゴ鉄道沿線らしい雰囲気を出せない画像でした・・   北近畿タンゴ鉄道宮福線:宮村~喜多  (2014年7月12日)

DSC_2722-2.jpg

帰路はJR小浜線沿線を通るルートで帰りましたが、こういった風情のある木造駅舎がJR西日本管内にはまだ多く残ってて、つい立ち寄りたくなります。  画像は小浜線:松尾寺駅    (2014年7月12日)

DSC_0039 若狭和田駅

同じく小浜線の若狭和田駅。・・・一見するとフレンチのレストランっぽいですね。1日の利用客は百数十人程度ですが、簡易委託の駅員が配置されています。

台風8号被害、各方面で影響が心配ですね。

台風8号がこの7/10(木)~7/11(金)未明にかけて東海・太平洋沿岸を通過するもようですが、その台風がもたらす雨雲が7/9(水)に長野県南木曽町で土石流となって周辺集落に甚大な被害をもたらしました。

南木曽の土石流被害や各地で水害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

ニュースや新聞によると、特にこの南木曽の土石流被害、国道19号線や中央西線を完全に寸断し、物流がSTOPする事態です。中央西線は南木曽~十二兼で橋梁が桁ごと流されて線路が宙づりとなり、復旧にかなりの日数を要するみたいです。

重要な物流のひとつ、石油貨物は迂回措置が行われるのか否か気になります。稲沢~EF64~米原操~EF81~直江津~EF64~南松本になるのか、飯田線経由で稲沢~EF64~豊橋~辰野~南松本になるのか、全くわかりませんが、もし飯田線だと軸重による速度規制や退避可能な設備の駅を確保できるのかなど、多くの問題がありますね。

どのようなルートになるのか、従来通り四日市の石油基地から迂回ルートで運ぶのか、応急的に神奈川や東京・宇都宮などから南松本へ石油を運ぶのか、いずれ明らかになるのでしょうね。

今後の状況を見守りつつ、迅速な復旧を祈るばかりです。

140710 中日夕刊

中日新聞7/10夕刊TOPの画像です。画面半分やや下に、寸断された中央西線の線路や鉄橋が見えています。

DSCF2280 2016M+81レ  南木曽

以前に南木曽駅で撮った画像です。EF64の貨物だけではなく、特急しなの号も当分の間完全運休が発表され、夏の繁忙期を前に、利用者にも鉄道会社にも大きな痛手ですね。(画像は若干レタッチ修正しております)


EF64の赤ホキ便  (2014年七夕編)

梅雨の真っただ中、台風8号が発生。過去何年もない規模とかで沖縄地方は接近に向けて対策を講じてるようですね。

さてと私は先週・先々週と土日とも出勤で、またまたきょう平日休みです。で、EF64の赤ホキ便を撮りに行きました。小雨がぱらつく天候でしたが、普段晴天だと逆光になるアングルとかも撮れたので良しとしましょう。

DSC_2665 140707 臨8785レ 名古屋~枇杷島4

原色1012号が牽引する臨8785レ。  ※ロング脚立使用   東海道本線:名古屋~枇杷島  (2014年7月7日)

DSC_2678 140707 美濃赤坂

復路の荷物が来るまでひと休みです。   東海道本線赤坂支線: 美濃赤坂  (2014年7月7日)

DSC_2684 140707 美濃赤坂

DE10もどきの西濃鉄道スイッチャーが復路の編成を牽いてやってきました。  晴れたら逆光fでアウトです。    東海道本線赤坂支線: 美濃赤坂  (2014年7月7日)

DSC_2685 140707 美濃赤坂

こういう光景、なんとも昭和な感じがしますね。   東海道本線赤坂支線: 美濃赤坂  (2014年7月7日)

DSC_2693 140707 大垣~穂積

復路ロクヨンは大垣~穂積の直線にてゲットしました。 ここも晴れたら逆光でアウトです。   臨8784レ  東海道本線:大垣~穂積  (2014年7月7日)

愛知区DD51原色重連 (2014年7月編)

この7月も月初めにちょっとだけDD51原色重連が登場していますね。

今回は853号+899号です。私は7/7(月)朝に5271レでキャッチしましたが、夏場の休日明けおなじみの重連単機です。・・ただ途中、富田駅で交番検査用のタキ1900を2両連結して、ちょっとだけ荷有りにはなりました。

DSC_2660 140707 富田浜~四日市

853号+899号の5271レ。 タキ2連のみでは、ちょっと物足りませんね。  関西本線:富田浜~四日市  (2014年7月)

CSC_2574 2080レ 白鳥(信)~永和

去年の7月には故障で長期離脱した899号。今のところは順当に運用に赴いてますが、もうじき引退との噂もあり、気になります。  関西本線:白鳥(信)~永和   (2014年6月)

DD51セメント運用、工場定修が明けて運行再開。 

5月22日より工場の定期修繕でお休みしてたDD51のセメント列車が運行再開ですね。夏場は石油輸送が減便されて撮影対象が減ってしまいますが、日祝も走るセメント便の存在は有難いです。

それはそうと、太平洋セメントの四日市港基地に、北海道からやってきた本輪西スイッチャーが仲間入りしてますね。

地元撮影お仲間のMさん・さらの子さん達の情報で知りました。・・・実際に確認しに行くと、見慣れない赤いボディーのスイッチャーがいて、なんと車番は 「DD511」 です!・・・・なんだか碓氷峠の鉄道博物館に展示されてるアレみたいな番号です。

DSC_2656-3.jpg

運行再開でDD511028号が牽引するセメント便。  関西本線:四日市~富田浜

DSC_2388-2.jpg

1028号といえば、常務員扉が原色機の扉に交換されてる風変りなカマですね。  関西本線塩浜支線:塩浜駅

DSC_2657.jpg

一番右が、道産子スイッチャー。旋回窓付きの寒冷地顔で、車体色もなかなかいい色ですね。 現地でご一緒したYさん有難うございました。   太平洋セメント四日市港線

ED45.jpg

関西本線:富田駅でDD51とバトンタッチする三岐鉄道のセメント便や炭カル/FA便は、水田の稲が青々と成長して、撮影にはもってこいの季節です。  501レ 三岐鉄道本線:暁学園前~山城  (2014年7月)

懐かしの 「リバイバル急行天北 14系客車」  (1999年)

今から15年前、1999年8月29・30日に、リバイバル急行天北が、札幌~稚内で走りました。

1999年当時の道内ブルトレ客車列車は、2014年の今とほぼ同じで 「北斗星」 「トワイライト」 「はまなす」 「カシオペア」 の体制でした。・・・もうこの頃に夜行ブルトレの適性淘汰が完了してたんですね。

この1回限りの復活 「天北」 、運行予告で寝台車は非連結の14系座席車3連と報じられてて、「ま、それはそれで・・」と思って出掛けたものの、ドラえもんラッピング14系を使用した編成でした。

・・・・いくらドラえもん好きの私とは言え、これには幻滅させられました ・・・ ”せっかくのリバイバルトレインが!” ・・・という気分です (≧н≦)  でも、せっかく来たのだから撮影を楽しみました。


9908 抜海~南稚内

ドラえもんラッピング14系に、思わず落胆させられました・・・   宗谷本線:抜海~南稚内 (1999年8月30日)

9908 利尻 抜海~南稚内

かつてはブルトレ急行だった「宗谷」。この頃は14系改造ハネを連結したDC急行でした。  宗谷本線:抜海~南稚内 (1999年8月30日)

990830 リバイバル急行天北 稚内

稚内駅では式典がありました。 宗谷本線:稚内 (1999年8月30日)

990830 リバイバル急行天北  音威子府

復路は音威子府で長時間停車があり、クルマ追っかけの私たちも立ち寄って撮影しました。 宗谷本線:音威子府 (1999年8月30日)

990830 リバイバル急行天北

ドラえもんのラッピングさえなければもっと国鉄っぽかったんですが・・  宗谷本線:音威子府~咲来 (1999年8月30日)
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR