観光のついでに、富山のDE10貨物を。

5/28(土)、富山・石川へ観光のついでに、朝の貨物をちょっとだけ撮りました。

東新潟区のDE10が富山エリアで担当する貨物は、去年の9月末に永らくファンに親しまれた二塚貨物が廃止となり、ちょっと寂しくなりましたが、残る運用はこれまで通りで、より一層稀少価値が上がりました。

我が家からは遠いですが、やっぱ年に1~2度は行きたいところですね。おいしい食べ物や観光地も多いので、飽きない北陸エリアです。

DSC_0162-3 160528 2091レ 能町~高岡貨物-1

DE103508号が牽く新湊線のコンテナ便。 国鉄色が多く在籍する東新潟区のDE10は、我々DLファンにはありがたい存在です。ただ、積載率が低い便が多く要注意です。  2091レ 新湊線:能町~高岡貨物  (2016年5月28日 ※ 空コキ部分はレタッチ合成しております。)  

DSC_0176-4 160528 1090レ 西富山~婦中鵜坂

新湊線から余裕で移動し、日産化学便 ( 通称:速星貨物 ) を撮りました。  1090レ 高山本線 : 西富山~婦中鵜坂  (2016年5月28日 ※ 空コキ部分はレタッチ合成しております。) 

DSC_0180_01-3-1.png

かつては中越製紙便 ( 通称:二塚貨物 ) の名撮影地だったこのお立ち台では、もう2度と貨物は撮れませんが、昔懐かしいタラコ色復活の鈍行DCを撮れるのは有難い限りです。   城端線 : 新高岡~二塚 (20916年5月28日) 

DSC_0166-2.jpg

1コマ目と2コマ目の貨物は、ご覧のように空コキ多しでした。修正前の画像です。あと、小松市の485系も見て来ましたが、ボロボロです。   (20916年5月28日) 

DSC_0188-1 160528 氷見

新湊線と城端線・高山本線のあとは、氷見市観光に行きました。商店街には忍者ハットリくんをはじめとする藤子先生のキャラクターが沢山あり、街おこしに一役!・・・と言いたいところですが、シャッターの閉まった店舗が多い長閑な商店街は人通りもほとんどなく、とても残念です。  (2016年5月28日)

DSC_0190 160528 なぎさドライブウェイ

このあと氷見番屋や、なぎさドライブウェイ、金沢駅界隈、小松空港ほか、いろいろ行きました。  (2016年5月28日)

DSC_0159.jpg

ついでに・・・新湊線のDE10を撮る時に、怖~いコワ~い ”万葉線の路面電車カブリ” 。 ドラえもん電車の女性運転士の方、お綺麗でした。  (2016年5月28日)
スポンサーサイト

愛知区DD51原色重連 (2016年5月編)

ダイヤ改正後初めてのDD51原色重連が登場しました。 愛知機関区に残る最後の2両の原色機853号と1805号が、5/22(日)に構内で重連を組みました。

毎度のことながら 「今回が最後の原色重連」 と話題になりますが、この先どんなカタチで運用されていくのでしょうか??・・・夏場で石油輸送も減便だったり単機運用スジになったりで、なかなか動きを予想しにくく、気になりますね~。

突然の原色重連登場だったためか、思ったよりファンの数は少なめでした。現地でご一緒しました さかいの商人さんならびに他の皆さま有難うございました。お疲れ様です。

CSC_4972 72レ原色重連

またここでDD51原色重連を撮る事が出来て嬉しい気分です。  72レ 関西本線 : 白鳥信号所~永和  

DSC_4974 DD511805+853

まもなく麦も刈り取りです。   5380レ  関西本線 : 白鳥信号所~永和  

DD51重連 72レ

この1805号+853号の原色ペア、5月28(土)夕刻時点で、まだペア維持のまま稲沢に居るようです。まずます明日以降の動き気になりますね。     72レ  関西本線 : 弥富~白鳥信号所

サロンカーなにわの 「HAPPY TORAIN ほくりく号」 と、「SL北びわこ号」

2016年5月22(日) 大阪~金沢間で、サロンカーなにわ7連を使用した 「HAPPY TORAIN ほくりく号 」 が運転されました。牽引は敦賀車両センターのEF81114号が全区間担当しました。

ちょっとだけ撮ってきました。・・・トワイライト色のEF81、私は今も昔もあまり好きになれない車体色ですが、去りゆく機関車と言う事でようやく1年半くらい前からカメラを向けるようになりました。 

いまや京阪神と北陸・びわこエリアを結ぶ臨時客車列車は大半がトワイライト色のEF81やEF651124号になってしまい、もはや ”より好み”  してる場合ではなくなってきましたね。かつてはDD51の客レの出番もありましたが、今はほぼ無しです。

五月半ばらしい汗ばむ陽気の中、沿線には多くのカメラマンの方々がいらっしゃいました。往路は「ブルトレ北陸」を思わせるデザインのヘッドマークが付けられ、復路 は「サロンカーなにわ」 のヘッドマークが掲げられました。

この列車、私の地元テツお仲間も3名乗車したみたいで、車窓に展開される新緑の風景を楽しむだけではなく、撮り鉄の大集合を見るのもオツなものですよね。また、篠原お立ち台でご一緒させていただいたYさん、出撃お疲れ様でした。

CSC_0147 160522 9213レ

好天に恵まれ、サロンカーなにわに乗車されてる方々も楽しまれた事でしょうね。  9213レ 北陸本線:長浜~虎姫  (2016年5月22日 09:53 )

CSC_0152-2 160522 9213レ

後ろからも撮りました。いつの日にかトワイライト色のEF81が原色に戻って、またこの編成を牽いてほしいですね。   9213レ 北陸本線:長浜~虎姫  (2016年5月22日 09:53 )

CSC_0143 160522 9912レ 

北陸本線に行く前に、びわこ線でも撮ってきました。このお立ち台は数十名の人だかりでキャパ一杯でした。  9912レ 東海道本線 : 野洲~篠原  (2016年5月22日 08:38 )

DSC_0149 160522 北びわこ

きょうも 「SL北びわこ号」 の運転がありました。 午前便は光線状態のよいポイントが少なく、難しいですね。  9241レ 北陸本線:長浜~虎姫  (2016年5月22日 10:27 )

DSC_0149-2 160522 北びわこ

ちょっとお遊びで、ヘッドマークを消して、JR表記や反射板も消して、国鉄っぽい雰囲気にしてみました。  9241レ 北陸本線:長浜~虎姫  (2016年5月22日 10:27 )

CSC_0147 160522 北びわこ号ほか

2016年初夏の「北びわこ号」は、結局すべてトワイライト色のEF651124号が回送を受け持ちました。・・・感じ方は色々かと思いますが、私としては元の原色PF牽引に戻してほしいです。  (2016年5月22日)



EF65PFトワイライト色 + 12系客車の 「SL北びわこ号」

2016年5月も、 「SL北びわこ号」 の季節運行が始まりました。今回は5/8(日) ・ 5/15(日) ・ 5/22(日) の3回が予定されています。先週の運転は仕事でNGだったので、今回行ってきました。

おおかたの予想通り、客車の回送をトワイライトEXP色のEF651124号が受け持つ形で先週も今回も走りました。

きょうは大阪~岡山で、原色EF65PFの 「サロンカーなにわ」 が運転されていて、そのせいか沿線のファンの数はやや少ないように感じました。・・・来週3回目の 「北びわこ号」 は、原色PFなのか? はたまた緑色のPFなのか、気になりますね。

DSC_0140.jpg

トワイライト色のEF651124号が牽引する 「SL北びわこ号」 の復路。 ・・・新たな記録として撮れたのは良いですが、この先ずっと同じ機関車に登板されると嫌ですね。また原色に塗り直される事を期待したいです。  回9244レ  北陸本線 : 木ノ本~高月 (2016年5月15日 15:07 )

DSC_0136-3.jpg

こちらは 「SL北びわこ号」 。PF+12系まで時間があったので、ついでに撮りました。  9243レ 北陸本線 : 高月~木ノ本 (2016年5月15日 13:59 )

南紀白浜へ海水浴&観光に出掛けました

GW明けの今週、観光で和歌山県の南紀白浜へ家族旅行に出掛けました。

実は今週火曜日に、急に体調を崩して 5/11日は完全病欠、あとは半出勤が続き、旅行も中止延期かと覚悟しましたが、何とか前日には体調もほぼ戻り、無事出発できてホッとしました。・・・会社の皆さん体調気遣ってくれたり本当に感謝です。

アドベンチャーワールドでパンダを見たり、GWに解禁となった白浜海水浴場で泳いだり・・・etcと、2日間好天の下、楽しんできました。・・・合間にちょっと撮りテツもさせてもらいました (笑)

DSC_0131-2 160514 51M くろしお1号  古座~紀伊田原

紀伊半島南端の海岸線を行く、特急「くろしお1号」 新宮行き。 またここで客車列車でも撮ってみたいです。   51M  紀勢本線:古座~紀伊田原  (2016年5月14日)

IMG_0108 160514 白浜海水浴場2

南紀白浜の海はキレイですね。沖縄と大差ないくらい透き通ってて、心癒されます。気温25度で、暑くなく寒くない快適な海水浴を楽しめました。・・・砂浜にデジ1眼をもってくのは気が引けるので、バカチョンカメラで撮りました。   白浜海水浴場  (2016年5月14日)

DSC_0090-2 160513 南紀白浜アドベンチャーワールド

パンダで有名なテーマパーク : 「アドベンチャーワールド」 へ。 我が家では遊園地は殆ど行かないんですが、パンダも見れるし行ってみてとても楽しかったです。   (2016年5月13日)

DSC_0119 160513 南紀白浜アドベンチャーワールド

現在7頭いるジャイアントパンダ。どれもみんな同じ顔ですが、愛嬌ありますね。  (2016年5月13日)

DSC_0115 160513 南紀白浜アドベンチャーワールド2

こちらはイルカのジャンプ。・・・んまぁ~よく慣れたイルカさん達でした。   (2016年5月13日)

DSC_0132-2 160514 3005D 南紀5号 三瀬谷~滝原

テツ画像をもう1コマ。 宮川鉄橋で撮った 「ワイドビュー南紀5号」 。・・・ここで貨物列車や客車列車をまた撮りたいですが、JR東海の方針ではもう2度と入線することはないので、本当に惜しいですね。     紀勢本線:三瀬谷~滝原  (2016年5月14日)

京都鉄道博物館に行ってきました。

GW明けの月曜日、雨降る中でしたが、京都に4/29 (金祝) にOPENした、その名も 「京都鉄道博物館」 に行ってきました。

初日には開場前に2000人が並んだそうですが、GWも終わった事だし、空いてると思いきや、大誤算・・・!イモ洗い状態の混雑でした。 「こんなはずじゃなかった!」 と唖然茫然の私でした。

とは言え、やはり魅力的な車両ばかりですね~。大阪の交通科学館か引っ越した車両のほかに、ついこの間まで現役だったトワイライトEXPや、宮原車両区で保管中だったEF58150.やEF651、門司区から来たDD51や、JR貨物から来たEF6635など、充実の収蔵です。 あ、それと初代ブルトレ20系の食堂車も営業してます。

すぐ隣の梅小路SL館と共用の入場料は1200円税込。お値段的にはまずまずですね。ブームがひと段落したらまたゆっくりと来て見たいです。

京都鉄道博物館

おなじみの宣伝ポスター。近隣の商店や民家の軒先にも貼られてて、街ぐるみでPR中でした。

DSC_0074-2.jpg

エントランスからすぐのところに、つばめ牽引機C62と、長距離電車のパイオニア80系電車、そして0系新幹線が並びます。・・・人が写り込まぬよう撮るのには苦労します・・・。  京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0030.jpg

こちらは屋外のトワイライトプラザ。 先日まで現役だったEF81トワイライトEXPは、後ろに客車を従えて、EF58150と並んで展示です。  京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0067.jpg

反対側はトワイライトEXPのスイートと、EF65のトップナンバーがいます。  京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0068.jpg

近代国電の代名詞103系のトップナンバーと、悲運のディーゼル機関車DD54です。・・・私はDD54は、ここ京都鉄道博物館よりも、津山まなびの鉄道館に持っていってほしかったです。   京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0061.jpg

大阪交通科学館時代には、館内の顔だったキハ81型 通称:ブルドッグも、デーデーや151系こだま型と横並びに展示されています。   京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0056-2.jpg

館内2階から梅小路運転区のターンテーブル&扇形庫も見渡せます。・・・ちょっと嵯峨野線用DE10を合成してみました。 夕方にはSLの方転実演もあります    京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0047-2.jpg

SLも庫内から頭出し展示となっていました。 いちばん右手前はお召機C51239号です。   京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0049-2.jpg

反対側からも撮りました。左端のずんぐりむっくりした9633号、昔も今もけっこう人気です。   京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0051.jpg

トップナンバー3両並び。 デゴイチなめくじ1号と、C551号と、C581号。 ・・・残念な事に静態保存機で、しかも保存状態は悪いです。   京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0054.jpg

こちらは現役の8630型。1914 (大正3) 年生まれの102歳。 こうしてディーゼル機関車と並んでる光景は、まさに国鉄風景ですね。   京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0043-2.jpg

さすがに人の写ってないカットは無理でした・・・583系:月光型と、485系ボンネット特急。   京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0045-2.jpg

またゆっくり来てみたい京都鉄道博物館でした。   京都鉄道博物館  (2016年5月9日)

DSC_0081.jpg

帰りに、山崎の佃踏切でEF65緑ガマ+12系の 「北びわこ号」 返却を撮りに行ったところ、見事に京都行き190Cと被りました・・・ありゃありゃ!・・・・反対側の名神クロスで撮ってた人たちは私を見て爆笑だった事でしょうね。  9919レ 東海道本線:長岡京~山崎  (2016年5月9日 15:59 )

GW中の原色ロクヨン赤ホキ便と、三岐鉄道レトロ電車

今年のGWは、ココ数年恒例だった愛知区の 「原色重連貨物」 がまった運転されていません。・・・ま、DD51は原色機が2両にまで減り、EF64は3両にまで減り、いずれも絶滅寸前で、かつ原色重連の出現確率もかなり低くなってます。

そんな中、笠寺~美濃赤坂で運転される ”通称:赤ホキ” に、原色EF641019号やEF641012号や、広島更新色が連日投入されて、貨物ファンには嬉しい粋な計らい??にも思えます。・・・とくにEF641012号、少し前にはいろいろな掲示板で 「検査切れ引退」 を断言する書き込みがいくつか見られ、何とも惜しい気分でしたが、まだ生き残ってくれててホッとさせられます。

天気もいいし、ちょっとだけ撮ってきました。 現地でご一緒させていただいた きのくにさん他の皆さま方有難うございました。

CSC_4971.jpg

5/5 (木祝) 子供の日のA76運用に入ったEF641019号。他機とは異なる独特の紺色が特徴で、おそらく最後まで残る貨物原色ロクヨンでしょうね。 揖斐川堤防には約20名が集まりました。  臨8785レ 東海道本線:穂積~大垣  (2016年5月5日)

CSC_4946

引退間近ながらも、まだまだ元気な姿を見せるEF641012号。    5780レ 東海道本線 : 大垣~穂積  (2016年5月4日)

EF64 美濃赤坂

ひと休み中の原色機。いつまでもこの光景観られるといいですね。  

DSC_4969-2 160505 臨8784レ 美濃赤坂~荒尾

美濃赤坂を出てすぐの場所で1カット。  臨8784レ 東海道本線 美濃赤坂支線 : 美濃赤坂~荒尾  (2016年5月5日)

美濃赤坂構内とDE10501

広い長閑な構内は、鉄道模型ファン好みです。

DSC_4937-3.jpg

セメント貨物が運休期間に入った三岐鉄道本線はスルーして、三岐鉄道北勢線で、旧三重交通復刻カラーの電車を撮りました。風景に溶け込むいい色ですね~。   三岐鉄道北勢線 : 楚原~麻生田  (2016年5月2日)

DSC_4940-3.jpg

折り返しも撮りました。先頭のク202号は1959 (昭和34) 年製の古参。正面形状は大幅にリニューアルされてますが、それでも懐かしい湘南スタイルの面影は残ってますね。  三岐鉄道北勢線 : 麻生田~楚原  (2016年5月2日)

2016年GWの 「津山まなびの鉄道館」 と 「みまさかノスタルジー号」

2016年もGWに突入しました。 多くの方々が 4/29 (金・祝) から 5/8 (日) まで10連休みたいな話題ですが、私は半分仕事 ・ 半分休み ・ 連休後に代休1回の予定です。

先月リニューアルOPENして通年公開となった、その名も 「津山まなびの鉄道館」 に行ってきました。

みなさんご存じの、岡山県にあるJR西日本の津山運転区の扇形庫やターンテーブルをまるごと車両保存施設にしたエリアで、今までは期日指定での一般公開でしたが、4/2(日)から月曜日以外は毎日公開となりました。入館料300円。

GW中は一部の日に、ターンテーブルで車両方転の実演があるため、観に行ってきました。 GW前半の帰省ラッシュをある程度覚悟したつもりが、「のぞみ」 の自由席は無事着席できて、思ったほど激乗車率ではなかったのは助かりました。

汗ばむ陽気の1日でした。・・・ノーネクタイ長袖Yシャツにスラックス・革靴スタイルで脚立持っての移動は大変でした。半袖で過ごせるレベルだったし、ほっぺたが日焼けしました。

こういう鉄道博物館っていいですね~。多くの家族連れや鉄道ファンで賑わってました。また、津山線は、岡山の車両基地にも津山運転区にも、国鉄タラコ色のディーゼルカーが沢山いて、「やはり国鉄色っていいなぁ~」 と、私自身つくづく、国鉄色回帰が進んでる喜びを実感しました。

CSC_0026.jpg

DF5018号がターンテーブルに。 1958 (昭和33) 年 三菱重工製で、私が子供のころに引退した名物機関車です。こうして現役さながらの姿を見られて感激です。    津山まなびの鉄道館  (2016年5月1日)

DSC_0010-4 160501 津山

このDF5018号は、2015年3月まで大阪弁天町の交通博物館で保存されてましたが、梅小路には行かず、ここ津山が終の棲家になりました。ほかにデゴイチ2号機やDD13638号も一緒に来ました。    津山まなびの鉄道館  (2016年5月1日)

DSC_4922.jpg

ディーゼルカーも並びます。内燃機関の宝庫ですね。   津山まなびの鉄道館  (2016年5月1日)

IMG_2014_11_28_0019 CONMEMさんHPサンプル画像

こちらはCONMEN社さんのHPサンプル画像をお借りしました。2014年11月の撮影との事です。大きな扇形庫の様子が分かりますね。

DSC_0019-2 (2) 160501 津山


津山線は気動車の国鉄タラコ色への回帰も進み、我々働き盛り世代のサラリーマンには懐かしい雰囲気を感じさせます。   
津山まなびの鉄道館  (2016年5月1日)

DSC_0025-2.jpg

津山駅ホームには、懐かしの [瓶入りコカコーラ] の自販機もあります。・・・これはノスタルジーですね~。 むかし銭湯や駄菓子屋さんでよく見かけました。     津山線 : 津山駅  (2016年5月1日)

DSC_4926-3.jpg

話題の「みまさかノスタルジー号」 です。国鉄ふうツートン塗色はやっぱ旅情ありますね~。 土日運行で、朝に津山から3933DでHMなしで送り込まれ、3934D~3937D~3938D~3941Dの2往復が運転されます。    3934D 津山線:亀甲~佐良山  (2016年5月1日)

DSC_4927-3.jpg

こちらは午前復路の3937D。・・・普段あまり行かない土地ゆえに、撮影ポイント探しには苦労します・・・(^^ゞ 。現地でご一緒した皆さま有難うございました。   3937D 津山線:津山口~佐良山  (2016年5月1日)


プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR