山口線で、再び DD511043号 + 35系客車 の試運転。

山口線が最近アツいですね。・・・盛夏で暑いのはモチロン、新型35系客車の登場に伴う試運転が、デゴイチやC571で行われたり、C56も応援に駆けつけたりと、近年まれに見る注目度です。

ディーゼル機関車牽引の35系試運転もまた 7/31(月) に行われる事になり、迷いましたが山口線に出掛けました。 ・・・前日は休日出勤だったので、きょうが代休と言うわけで このところ日曜出勤が多いものの、こうして平日代休に鉄ネタに行けるのは有難い限りです。

晴れると逆光の撮影地ばかりになる苦しいダイヤですが、Yahoo天気の 「くもり時々雨」 を信じて出掛けて、見事に天気はハズレ。場所によっては厳しい条件にもなりましたが、なんとか撮って帰りました。

DSC_2051-2.png

DD51にも新型茶色客車は似合いますね。数少ない順光アングルで。  試9575レ 山口線:徳佐~船平山 (2017年7月31日)

DSC_2043-4.png

実はこちらが往路1カット目。ファン40名位で大賑わいでした。・・・晴れてしまってサイドが真っ黒になったため、画像修整しました。
試9575レ 山口線:宮野~篠目 (2017年7月31日)

DSC_2047-2 170731 試9575レ 長門峡~渡川

お馴染みの長門峡ストレートで。・・・なんだか「長門峡」の看板が悪戯で切断されたとの事。・・・やり過ぎです。この場所が撮影禁止にならないか心配です。   試9575レ 山口線:長門峡~渡川 (2017年7月31日)

DSC_2052 170731 3001D 青野山~津和野2

陰陽連絡の重責を山口線経由で担う 「特急おき号」 。・・・地味な姿ですが、これ国鉄特急色に塗ったら似合うと思います・・・。
山口線:青野山~津和野  (2017年7月31日)

DSC_2060-0-1

白井カーブで復路1カット目。午前は晴れたらアウトのため、イチかバチか曇天に賭けたら Good でした。 ココはファン数名でした。
試9576レ 山口線:津和野~船平山 (2017年7月31日)

DSC_2062-4

石州瓦の家が並ぶ風景を行く試運転列車。 一時的に曇りました。   試9576レ 山口線:渡川~長門峡 (2017年7月31日)

DSC_2035.jpg

1週間後の72回目の 「原爆の日」 を前に、広島の原爆ドームを見て来ました。 子供の頃 「はだしのゲン」 で見た原爆被害の悲惨さを思い出し、手をあわせて来ました。  (2017年7月30日)
スポンサーサイト

国鉄色キハ40系が走る山口線

JR西日本では、在籍するキハ40・48系列の車両を、旧国鉄の首都圏色 (タラコ色) に戻す動きが加速してますね。

一時はかなり激減した旧国鉄色でしたが、数年前から塗装簡略 ・ 一元化の方針に転換し、それぞれのエリアで派手な地域色に塗られた車両が、もとのタラコ色に蘇って嬉しい限りです。

ココ山口線も数年前まで、黄色と白色の地域カラー車が大多数を占めてましたが、いまではかなりの車両がタラコ色になって、撮る楽しみも増えました。

DSC_2058-1-1.png

数年前に水害で流されたあと、復旧した区間を行くタラコ色。それだけで画になりますね。  山口線:船平山~津和野  (2017年7月)

DSC_2039 170731 宮野~篠目-1

ドアップでキハ40単行を狙ってみました。    山口線:宮野~篠目  (2017年7月)

DSC_2069-1-1.png

かつての扇形庫跡に整列するキハ40群。 いましばらくは活躍が期待できますね。   山口線:新山口車両区  (2017年7月)

桑名水郷花火大会 2017年

7/29(土)、三重県桑名市の 「桑名水郷花火大会」 に行きました。

毎年7月最終土曜日は、私の住む東海エリアの各地で花火大会があり、どれに行くか迷ってしまいますが、今年はコレで・・・。

会場となる 揖斐・長良川河口 で、混み合う桑名市が位置川堤防を避けて、長島長川堤防で観ましたが、やっぱいいものですね~。これだから花火大会はやめられません。夏の楽しみの一つですね。

DSC_1989 170729 桑名市水郷花火大会

花火大会は夏の夜を彩る風物詩。何度見ても飽きません・・・。   (2017年7月29日)

山口線で D51200号+35系客車の試運転を撮りました

先日より山口線で、「SLやまぐち号」 用の新型客車35系の試運転が順次行われており、ようやくデゴイチ牽引の番が来ました。

7/24(月)~27(木)の予定でデゴイチ登板が組まれており、私は休みを取れた7/26(水)で行ってきました。・・・なんセ試運転は早朝5時台スタート・・・。前日に会社終わってから大急ぎで出掛けました。

試運転の前半2日間は「やまぐち号」のヘッドマークが付けられたようで、ヘッドマーク付きSLが好きではない私は行くべきか否か迷いましたが、この日はHMなし!。何とも嬉しい限りです。

朝早くから大勢のファンが沿線に繰り出し、かなりの盛り上がりでした。

DSC_1923-5.png

まるで昭和にタイムスリップ。ヘッドマーク無しは良いですね。ここ大山路踏切には夜明け前から約60名のファンが集結しました。  
試9575レ 山口線:宮野~仁保  (2017年7月26日)

DSC_1933 170726 試9575レ 徳佐~船平山

こちらは徳佐カーブで。晴れたらアウトですが曇りなので問題なし。  試9575レ 山口線:徳佐~船平山  (2017年7月26日)

DSC_1973-.png

復路を白井カーブで。 ココも晴れたらアウト。いい感じに煙吐いてくれてます。   試9576レ 山口線:津和野~船平山  (2017年7月26日)

DSC_1975-01

追っかけて復路2発目。  試9576レ 山口線:三谷~渡川  (2017年7月26日)

DSC_1967-1-1-1.png

機廻し中のデゴイチ。転車台方転や給水給炭、入れ替えなど、観察は楽しいです  山口線:津和野駅 (2017年7月26日)

DSC_1962.jpg

津和野の転車台に乗るデゴイチ。   山口線:津和野駅  (2017年7月26日)

DSC_1939-1.png

旧国鉄タラコ色のキハ40・48が多いのも山口線の魅力です。   山口線:津和野駅  (2017年7月26日)

DSC_1985-1.png

帰りに広島の厳島神社に行きました。天候が急に回復し、汗だくになりましたが、楽しかったです。  (2017年7月26日)

桃太郎トップナンバーと901号とを、時間差で撮影。

7/22(土)、午後にEF210のトップナンバーと、試作機901号が立て続けにやってくるので、ちょいと出掛けて来ました。

新世代直流電機の代表各として、今も生産され続けているEF210型も、いつの間にやら誕生から20年を超えました。・・・旧さを感じさせないだけでなく人気もあり、特に1号や901号は年代を問わず撮りたくなるカマ番ですね。

DSC_1906-2.png

おなじみ 「桃トップ」 ことEF210-1号。   5050レ 東海道本線:清州~枇杷島 (2017年7月22日)

DSC_1910-2.png

1996(平成8)年竣工の試作機901号。 トップNo共々、末長く活躍してほしいですね。   5050レ 東海道本線:清州~枇杷島 (2017年7月22日)

ユネスコ無形文化財登録 「尾張天王祭り 2017」  (愛知県津島市)

愛知県津島市の天王川公園界隈で、毎年第4土曜日に開催される、「尾張天王祭り」 に行きました。

約600年の歴史を持ち、祭りのクライマックスは、約500個の提灯を飾った巨大な 「まきわら船」 が繰り出すシーンで、江戸時代の歌川広重の木版画にもその様子が描かれています。

このお祭り、昨年12月にユネスコの世界無形文化遺産にも登録され、さらなる全国区のお祭りになりそうですね。

我が家は今までにも数回行ったことはありますが、今夏久々に出掛けて楽しんできました。

DSC_1921-2.png

池に浮かぶ華やかな 「まきわら船」 。何とも幻想的な光景ですね。  天王川公園  (2017年7月22日 ※ 船に乗って撮影) 

DSC_1916-1.png

よる9時ごろに、順次 「まきわら船」 が入廷し、計5隻がゆっくりと整列します。     (2017年7月22日 ※ 船に乗って撮影) 

今夏も 「ムーンライトながら号」 国鉄色185系で運転開始。(2017年)

7/21(金)から、この夏も夜行快速「ムーンライトながら号」の運転が始まりました。

一時は絶滅した国鉄時代のストライプ塗りのオリジナル色も、ほぼ完全復刻され、これでもう 「ハズレ」 がなくなって本当に助かります。・・・とはいえ、朝6時前に大垣に到着するダイヤ上、撮れる場所や光線状態が限られてしまうので、やや撮りにくいですね。

DSC_1901-3 170722 穂積~大垣

早朝ではなく昼間に名古屋地区でこういうのを撮りたいものですね。  9391M 東海道本線 : 穂積~大垣 (2017年7月22日)

自身のミスでネタ列車を撮り逃した 「海の日」

世間一般の多くのかたがたは3連休でしたが、私は土日は仕事でした。月曜日の「海の日」のみ休みで、清州へ出撃。

この日は朝に銀ガマEF510510号と、EF6627号が撮れるチャンスなので、気合い入れてましたが、自宅を出る前にツイッターで確認すると、銀ガマは4時間遅れで名古屋に向かってるとの事・・・。

ウソかまことか判らず、念のため通常通り現地に赴きましたが・・・やはり列車は来ず。

それよりも、何と自宅にスマホを忘れてきて、情報が確認できない!

・・・うっかりしてました。でもポジションをを離れて自宅に取りに行くわけにもいかず、同じ場所にいた同業者の方々も次第に帰り始め、情報は全く入らず・・・。銀ガマもEF6627もいつ頃通過するのかかわからないまま待つのも疲れて、帰る事に。

そしたら何と、帰宅中に立て続けに銀ガマとEF6627が通過したようでした。・・・がっかりです・・・。「また今度撮れるからチャレンジしろよ」 と神の声が聞こえた気がしました。

DSC_1887 170717 8090レ

・・・全然お目当てでは無かったんですが、レール輸送のEF200-2号が撮れました。  8090レ 東海道本線:清州~枇杷島  (2017年7月17日)

DSC_1895-3-1.png

遅延の銀ガマの代走でやってきた岡山区のEF210-2号。  1520レ 東海道本線:枇杷島~清州  (2017年7月17日)


今から30年前の、高崎機関区 「茶色い機関車大集合」

国鉄が民営化されてJRになった1987(昭和62)年、バブル景気の真っただ中で、各地でいろんな博覧会が目白押しでした。

そんな中、JR東日本:高崎機関区では、全国に例を見ない 「電機機関車動態保存博物館」 の設立を目指して、各地から機関車を集めて撮影会を実施し、博物館実現に向けてのPRに熱心でした。 ・・・その後バブル崩壊、保存展示の方向性をめぐって紆余曲折もあり、動態保存は白紙撤回になりましたが・・・。

当時、まだ学生だった私は免許取って間もないころ。クルマや音楽やギター・キーボード等にのめり込み、テツ趣味は休止状態・・・。

でもテツ趣味本格再開のきっかけを探るべく年に数回はカメラを手にしてましたが、なかなか惹かれるネタに巡り合えず、けっきょく翌1988(昭和63)年の青函トンネル全通開業まで、テツ趣味縮小期間が3年ほど続きました。

この 「茶色い機関車大集合」 は、非鉄期間の私でも興味を惹かれて出掛けた次第で、なんとなく出掛けて何となく撮った格好でしたが、この時出会った機関車たち何両かはその後、碓氷峠鉄道村に収蔵されましたが、架線のない炎天下で放置展示され、褪色の進んだ車両も見受けられ、何とも残念な気がします・・・。

IMG-1-1.png

歴史的名車が横並び。壮観ですね。  高崎機関区  (1987年8月9日)

IMG-021.png

1962(昭和37)年:東芝製のEF621号。信越本線の近代化の立役者です。    高崎機関区  (1987年8月1日)

IMG_0001-1.png

青い機関車も展示されました。かつてのブルトレ機:EF60501号。 1963(昭和38)年:三菱製  高崎機関区  (1987年8月1日)

IMG_0006-01-1.png

いまも現役のEF641001号。1979(昭和54)年:川崎重工製。・・・この当時から既に、変な白帯を巻いた醜い姿になっており、番台トップナンバー機としての威厳や風格は喪失していました。  高崎機関区  (1987年8月1日)

IMG_0001-13.png

戦前の旅客用名車EF532号。 1942(昭和17)年芝浦工業製。   高崎機関区  (1987年8月1日)

IMG_00011-1-1.png

こちらはEF53を改造して、セノハチ補機として活躍したEF591号。   高崎機関区  (1987年8月1日)

IMG_0007-01-1-1.png

横軽補機として長年活躍したEF63型のトップナンバー。 1962(昭和37)年:東芝製    高崎機関区  (1987年8月1日)

IMG_0005-1-1-1.png

奇跡の復活を果たし、イヴェントに重宝されたEF551号。 1936(昭和11)年:鉄道省製。  高崎機関区  (1987年8月9日) 

IMG_0003-01-2.png

いまではこういう並びが見られないのは残念です。  高崎機関区  (1987年8月1日)

夏の 「SL北びわこ号」 回送列車  (2017年7月編)

まだ梅雨が明けていない中、各地で猛暑日を記録して、暑さが厳しい時期ですね。岐阜の多治見市で36.5度、愛知の豊田市で35.9度など、もう真夏並み。・・・そして九州福岡や大分などの大雨被害、お見舞い申し上げます。

久々の土曜休みが取れたので、「北びわこ号」の12系送り込みを撮りました。今回はPF1132号が牽引。まだまだ車体色はキレイな青色を維持していました。 きのうの東海道線は、EF6627号の代走フクツー便で盛り上がってもいた様ですが、私は仕事で全く撮れてない状態。そろそろ27代走も終わりでしょうか・・・。

青PFやEF6627など、国鉄メーク車両の活躍は誠に嬉しいものですね。

DSC_1872-1-1.png

懐かしい雰囲気を感じるPF牽引客レは、見慣れていてもその都度姿をカメラに記憶したくなります。 9912レ 東海道本線:大津~膳所  (2017年7月8日)

DSC_1870-1-1.png

こちらは221系。・・・このところ、電車からの転落防止のためか、プロテクターを付けてrしまう機会が多いですが、この編成はオリジナルに近いです。  東海道本線:大津~膳所  (2017年7月8日)

DSC_1880 (2)-2-01-1

翌7/9(日)の 「SL北びわこ号」 復路。 曇ってくれて、晴れると逆光になるアングルで撮れました。  
9242レ  北陸本線:虎姫~長浜  (2017年7月9日)

DSC_1873 (2)-2

一応C56160号も撮りましたが・・。 ヘッドマークが邪魔で目障りです。  9241レ 北陸本線:長浜~虎姫 (2017年7月9日)

DSC_1876-1.png

琵琶湖の離れ島 : 「沖島」 にも行きました。 人口約350名が暮らしており、淡水の湖に有人島があるのは世界的に観ても珍しいそうです。 画像の右上はケンケン山から島の集落と港と本州側 (近江八幡) を眺めて撮ったものです。  (2017年7月8日)

トワイライト瑞風を、調子踏切で撮りました。

営業運行を開始して間もなく1カ月の、「トワイライト瑞風号」。

よくテレビでも取り上げられてますが、こういった格調高い寝台特急が、しかも10連で走るのは、なかなかかっこいいですね。・・・京阪エリアは、白い塗色の特急が幅を利かせており、撮る側には物足りなさを感じます。そんな中、重厚な印象の 「瑞風」 の登場は嬉しいものですね。

DSC_1861 (2)-1-1

堂々10連の固定編成。屋根が高くて、どっしりと線路に載ってる感があります。  8010D 東海道本線:山崎~長岡京  (2017年7月)

7月もまだまだ頑張る 原色DD51853号

引き続き注目の的の、JR貨物最後の原色DD51の853号です。

先月から主に重連石油便や単機セメント便の運用枠に入る事が多く、なかなか単機牽引で昼間のコンテナ便には入ってくれませんね。・・・とはいえ、単機運用のセメント便は魅力的で、赤+黒タキ編成は画になります。

DSC_1858-1-1.png

久々に海蔵川堤防でのカットです。  5365レ 関西本線:富田浜~四日市  (2017年7月)

DSC_1855-2-1.png

富田駅に滑り込む853号。  5362レ 関西本線:富田浜~富田  (2017年7月)

DSC_1862-1-1.png

草生した専用線内を通過する853号。・・・後方の踏切は有人踏切で、電柱も 「ハエ叩き」 ふう。何となく懐かしさを感じます。  (2017年7月)

EF6437牽引 「カシオペア信州号」  (2017年夏編)

今年の夏も、東京から長野へ、カシオペアE26系12両編成が走りました。

2016年にも、土曜日夕刻~日曜日にかけて3回走りましたが、うち2回私は仕事で行けず、行くつもりだった1回は、ヘンな白帯を巻いたEF641001号が登板したので、撮影意欲が失せて断念しました。

今回も本当は日曜出勤とぶつかってたので無理っぽかったのですが、同僚に休日出勤を交代してもらって事なきを得ました・・・でも第3土日が出勤になってしまいましたが・・・。それはさておき、無事にEF6437号が登板してくれたので、休みを無駄にせずに済みました。 やれやれホッとしてます。

篠ノ井線内での撮影遠征でしたが、上手くやれば3カットくらい行けるところを、無理せずに稲荷山ストレートのみにしました。

DSC_1838-4

デラックス寝台列車の王者の風格漂うカシオペアE26系編成。・・・EF6437号、オリジナル塗色ではないものの、よく似合ってて違和感なくカメラを向けられます。  9021レ 篠ノ井線:稲荷山~篠ノ井  (2017年7月2日)

DSC_1819-2-1.png

旧中山道ぞいに長野へ向かう界隈は、いろんな歴史的名勝があって、観光も楽しめますね。 妻籠宿 (岐阜県) ・ 奈良井宿 (長野県塩尻市) ・ 松本城(長野県松本市) など、見どころたくさんです。  (2017年7月2日)

189系 「木曽あずさ号」 JR東海エリアに入線。

JR東日本の、189系M52編成が、「木曽あずさ号」 としてJR東海エリアに入線しました。

中央西線から国鉄型特急車両が撤退して久しいですが、原色電車特急ではないものの、こういう車両の入線は非常に珍しいですね。 あまりリニューアル色に興味のない私ですが、、なかなか無い機会だったので撮りました。

出来れば大桑~須原の伊奈川で撮りたかったですが、空前の人出にブったまげてしまい、場所を変えるにいたった次第です。結局、木曽路らしい場所と言う事で、田立駅すぐ近くのこの場所で・・・。 来月再来月も1回づつ入線予定で、楽しみですね。

DSC_1854-2-19021M 189系M52編成 木曽あずさ

珍客登場です。 岐阜/長野県境に近い田立カーヴを行く、189系M52編 「木曽あずさ号」   9021M  中央西線:坂下~田立 (2017年7月2日  ※ 回送マークだったのでイラストマークを合成しました)
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR