名寄本線 ・ 渚滑線の稀少80円入場券 (53.11.30限りで無人化)

11月も今日で終わりですね~。明日から師走です。

今から35年前の、1978(昭和53)年11月30日限りで、いまはなき北海道の廃止ローカル線の、名寄本線 ( 名寄~遠軽間 143キロ )と 渚滑線 (渚滑~北見滝ノ上 34.3キロ)の一部駅で、荷物扱い廃止による合理化に伴う無人化が行われました。

当時の初乗り運賃および入場券は80円 (昭和53.7.8~昭和54.5.19まで)。この額面の入場券は販売期間が短かったせいか、人気があります。

自宅にあるそれらの入場券を、少しご紹介です。

1989.3.8 上興部

名寄本線は1989(平成元)年4月30日限りで廃止されました。画像は廃線の1カ月ほど前に訪問した時のモノです。 列車交換でタブレットを受け取ります   名寄本線:上興部 (1989年3月8日)

上名寄

名寄本線:上名寄80円  無人化最終日券  80円無人化券の中では比較的多く出回っています

中名寄

名寄本線:中名寄80円  日付なし券  それほど多くはないものの、これも比較的多く出回っています

ニノ橋

名寄本線:ニノ橋80円  無人化最終日券  80円無人化券の中では比較的多く出回っています

宇津

名寄本線:宇津80円  無人化最終日券  市場流通枚数は少なく、やや人気が高いです

沼の上

名寄本線:沼ノ上80円  日付なし券  これも市場流通枚数はやや少なく、人気です

開成

名寄本線:開成80円  無人化最終日券  これも市場流通枚数はやや少なく、人気です

2枚

80円券で無人化された駅のうち、「中興部」と「小向」は、平成元年の廃線前に復刻販売されました。

下渚滑

渚滑線:下渚滑80円  無人化最終日券  ココ何年かで市場によく出回るようになりましたが、稀少です。

中渚滑

渚滑線:中渚滑80円  無人化最終日券  これも近年市場によく出回るようになりましたが、稀少です。

滝ノ下

渚滑線:滝ノ下80円  無人化最終日券  下渚滑80円や中渚滑80円よりは現存枚数が少なく人気です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

北海道北部

こんばんは! これまた、懐かしい写真です。
学生時代に、この地を訪れています。当時は、名寄本線はもちろん胆振線や羽幌線など幹線級のローカル線も健全でした。4月に入ったと言うのに、雪が降って遅れまくっていた記憶があります。
貧乏旅行で写真もほとんど残っていませんが、頭の中には記憶としていつまでも残っています。

Re: 北海道北部

なごまるさんこんにちは。コメントありがとうございました。

やはり当時現地を訪問されてましたか。あのころはまさかこんなにいっぺんに20数路線も廃線になるなんて思いもよりませんでした。人煙まれな長閑ローカル線は本当にのどかで良かったですね。

また今後も少しずつ非電化ローカルネタもUPしていきます。
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR