清水港線廃線から30年。

今から30年前の1984(昭和59)年3月31日をもって、東海道本線:清水から分岐する「清水港線」が廃止されました。1日たった1往復のみの、それも客車列車という運行形態でした。

当時ちょうど学校の春休みでもあり、18きっぷで撮りに行きました。

この1984年の3月末は、宮古線・久慈線・盛線も廃止 (これらは現:三陸鉄道北リアス・南リアス線として存続) され、新潟の魚沼線・赤谷線も廃止、福島の日中線も廃止と、同時にいくつかのローカル線が消滅しました。

前年の白糠線(北海道)廃止をスタートに、第2次地方交通線廃止が本格化したのはこの頃からでしたね。

840325 清水港~清水

最初で最後の清水港線訪問でした。DD13がサヨナラマークを付けて走ってました 清水港線:清水港~清水(1984年3月25日)

840325 清水港~清水②

スハフ42にもマークが付けられました。客車右側には腕木式信号機もみられます。 清水港線:清水港~清水(1984年3月25日)

840325 清水

スハフ42に付いてたこのサボも間もなく見おさめとなりました。 清水港線:清水(1984年3月25日)

DSCF8484 130622 新金谷

清水港線用のスハフ42型5両のうち、2両は大井川鐡道に譲渡され、上の画像のスハフ422286は、元番号のスハフ42286に戻っていまも活躍中です。  大井川鐡道:新金谷車両区 (2013年6月22日)

DSC_1900 140330 久慈・宮古・盛線

久慈線・宮古線・盛線が廃止・3セク化されたのも清水港線廃止と同じ日。当時これらの路線の中間駅には硬券入場券のある駅がなく、起点駅の入場券をご紹介です。

DSC_1901 140330 赤谷・魚沼線

赤谷線・魚沼線も同じくして廃止されました。それぞれの駅の入場券の画像です。

資料画像:日中線 熱塩 (1983年)

こちらは画像資料からのコピーです。同じく59.3.31 をもって廃止された日中線の画像です。喜多方~熱塩を結ぶ超ローカル線で、清水港線とおなじ1日1往復のみのダイヤ・客車列車での運行でした。1度行ってみたかったです。画像は1983(昭和58)年撮影との事です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

DD13と旧客の組み合わせ、よいですね。
清水港線、自分は小さい頃で後に本やネットでしか知りませんでした。
確か、四日市港の入換機のDD13が元々清水港線⇒名古屋臨海⇒四日市港だったと思います。

Re: No title

TAKUさんこんばんは。コメントありがとうございました。

えっ!なんと四日市にいたDD13もどきが清水港線と縁があったとは!・・・たしか10年以上前に名古屋臨海鉄道から国鉄色のまま来たあの予備機でしょうか??情報有難うございました。

DD13といえば、名古屋貨物ターミナルで懐かしの国鉄メークのDD13タイプ車の残党を、今も観る事ができて、あおなみ線の車内からコレを目にすると、思わず浮足立ってしまいますね。

こんばんは。
清水港線、昔に写真集で見ただけの存在でしたが、走っていた客車が今も大井川鐵道で走っているとなると、少し身近に感じられますね。
残念ながら、私は大井川鐵道の客車列車には乗ったことはないのですが、新金谷駅で古い客車を初めて見たときは、今でも覚えています。
こちらの記事の客車も目にしていたのかもしれません。
そして、家山駅。客車が似合う本当に素敵な情景の駅でした。
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/blog-entry-71.html
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

Re: タイトルなし

風旅記さんこんにちは。コメントありがとうございました。

いまも清水港線の客車が30年の時を経て大井川鐡道で活躍中なのは嬉しい限りです。ただ、客車も電車も、すべての車両のメンテがかなりずさんなのが残念です。厳しい経営状況ゆえにやむ負えないのでしょうか・・・。

とは言え途中の家山を含め、木造駅舎も所々に残ってて、駅舎訪問も良い路線ですね。
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR