大井川鐡道に譲渡された大手私鉄の名車の、哀しき末路

大井川鉄道はかつては 「電車博物館」 の異名を取るほど、全国大手私鉄の名車を集めて第2の人生を開花させることで有名でした。

現在も元南海電鉄の急行車21000系や元近鉄16000系が活躍中ですが、車両の状態があまりよくありません。

クルマ社会なうえに、沿線人口の減少が加速し、厳しい経営状態が続く同社に、かつての 「電車博物館」 の様相はもう有りません。・・・いまは長野電鉄や富山地方鉄道が、まさに電車博物館の雰囲気がありますね。

少しだけ画像でご紹介です。

880805 家山

1957(昭和32)年に誕生した日本の近代的デラックス特急のパイオニア 元小田急SE車も、かつては1編成が大井川鐡道へやってきました。しかし5両編成ではその身をもてあまし、ほんのわずか活躍しただけでした。 これは廃車後の姿を撮ったものです。    大井川鐡道:家山駅  (1988年8月5日)

DSC_2774 140713 新金谷 

1953(昭和28)年に誕生の元近鉄特急420系。正面がノーHゴム大窓の端正な美しさがありました。大井川へ譲渡後、近鉄特急時代のカラーに戻されて運用されましたが、メインで活躍する機会は少なかったです。  大井川鐡道:新金谷駅  (2014年7月13日)

DSC_2744 140713 家山

1972(昭和47)年製の元京阪3000系。有名なテレビカーですね。 この2014年2月に運用を離脱し留置中ですが、傷みも目立ち始めています。  大井川鐡道:家山駅  (2014年7月13日)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大井川へ行ったロマスカーが短命だったというのは本などで読んだことがありました。
なんだかもったいない気はしますが・・・(^^;)

近鉄420系は今は新金谷へいるのですね!
前に行ったときは千頭で放置されていました。
この車両は、学生のころに大井川鉄道へ行ったときに1回だけ乗ることが出来ました。

そして、京阪。
こちらは家山にいるのですね!
鳩マークもそのまま、現役のようですが、やはり走らない車両は雨ざらしだとどんどん痛みが出てきますよね(+_+)

Re: No title

TAKUさんこんばんは。コメントありがとうございました。

小田急SE車、デザイン的にも優れた車両だっただけに、大井川にやってきてあのような結末を迎えたのは本当に残念です。ただ、小田急海老名車庫に生き残り編成が5両編成丸ごと永久保存されてるのはせめてもの救いですね。

あと、近鉄420系、去年は千頭駅の隅っこに放置されてましたね~。TAKUさんは大井川譲渡後に乗車されましたか。あと、テレビカー、お決まりのように家山にいますが、後ろに西武電機もつながれてて、・・もしやこれも処分でしょうか??気になります。

こんばんは。
各地の名車が集まる大井川鉄道、鉄道が好きな方なら乗ること自体が楽しい路線だと思いますが、実際に古い車両を多くの種類維持管理していくのは、費用も労力も大変なことなのでしょうね。
私がここを訪れたのは、既に5年前になりますが、そのときにはまだ美しい塗装を保っていた車両が、お写真を拝見するにだいぶ劣化してしまっている様子、残念に思います。
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/blog-entry-67.html
またいつかこの方面を訪れる機会があれば、心ばかりではあっても、切符を買って列車に乗りたいと思っています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

Re: タイトルなし

風旅記さんこんばんは。コメントありがとうございました。

各社の旧い名車を集めて維持管理していくのは本当に大変だと思います。撮る側にとっては嬉しいですが・・・。「無計画に名車集めをしてしまった」 と結論付けるのは易しいですが、本当は末長く維持管理されるお気持ちだったはずです。色々な事態が発生して保存維持管理が頓挫してしまったのは惜しい限りです。

5年前に沿線においでになられた頃と今は状況も変わってしまってると思いますが、沿線の風景はココ何年さほど変わっておらず、何時も我々を魅了する自然風景ですね。
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR