きっぷの日付印字用 「ダッチングマシーン」

駅窓口で硬券切符を購入する際に、「ガチャン!」 と日付を押す印時器。 その名はご存じ ”ダッチングマシーン”

いまJR線で日常これを使用しているのは、北海道のごく一部の駅のみでしょうね。ただ、私鉄では今も硬券入場券を使用している駅がまだあり、特に地方私鉄ではまだまだ多くの有人駅で目にする機会があります。

今現役なのは、そのほとんどが東京の 「天虎工業株式会社」 製で、1966年から1990年代前半まで、約四半世紀のあいだ製造されてたようですが、今はもうこの会社を含め、ダッチングマシーンを作ってる国内メーカーは有りません。

また、戦前から1960年代中期までは、「菅沼タイプライター株式会社」 製のダッチングマシーンがほぼメインで使われており、構造的には両社ともほぼ同じですが、菅沼式は今は殆ど見かけなくなりましたね。

自宅にある両方の印時器をちょっとご紹介です。

DSC_3550 ダッチングマシーン天虎工業製

お馴染みの天虎工業株式会社製ダッチングマシーン。右側のビスにぶら下がってるレンチは日付ダイヤルを廻す道具。

DSC_3551 ダッチングマシーン菅沼タイプライター

こちらはもっと旧い菅沼タイプライター株式会社製ダッチングマシーン。

印字の違い

上: 「北高岩100円券」 が天虎工業製での印字。 下: 「御堂100円」 は菅沼タイプライター製での印字。・・・それぞれ微妙に書体が違いますね。

DSC_3548 ダッチングマシーン

日付を翌日へ更新するには、前カバーを開けて、握り拳のような形の印字ダイヤルを付属のレンチで廻します。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR