「餘部鉄橋」 架け替えから5年、今と昔の比較。

先日、山陰本線:鎧~餘部間に架かる 「餘部鉄橋」 に行ってきました。

我々鉄道ファンのみならず、一般の旅行者の方々にも広く知られた有名なスポットですね。今のコンクリ橋は2010年竣工の2代目ですが、初代は何と1912 (明治45) 年竣工.。海風や風雪に耐え、100年弱も鉄路を支えたのでした。

かつて1986 (昭和61) 年には、お座敷客車みやびの転落という痛ましい事故もありましたが、いまその場所には慰霊碑が建てられ、鉄橋周辺は憩いの場として整備され、道の駅も開設され、ちょっとした観光ポイントとなって賑わっています。

今の画像と、昔私がガキ時代に撮った画像で振り返ってみましょう。

DSC_3781 餘部~鎧-2

近代的なコンクリ鉄橋と、昔懐かしい国鉄色DCのコラボ。 画像のキハ41は、キハ47を両運転台改造した車両で、わずか5両のみの小世帯。 画面下の緑地帯は公園で、右の駐車場は 「道の駅あまるべ」 です   山陰本線:餘部~鎧  (2015年4月11日)

850328 鎧~餘部

美しき 「鋼の芸術」 初代の餘部鉄橋。1912 (明治45) 年竣工。・・今から30年前、私のガキ時代にはまだ旧型客車が走っており、旧型客車に乗って現地に赴き、旧型客車を撮って、また旧型客車に乗って移動という、贅沢な内容でした  山陰本線:鎧~餘部 (1985年3月28日)

850329 餘部~鎧

上の画像を撮った翌日、鉄橋対岸のトンネル上から撮った画像。同じDD51775号がやってきました。 画像後方左側に見えるのが餘部駅の小さな無人駅ホームや待合室、地平からのスロープです。 山陰本線:餘部~鎧  (1985年3月29日)

IMG_0001 (2)

夜明け前の山陰本線では、鮮魚・塩干の行商人用にオハニ36が連結されていました。・・画像のオハ二367は廃車後、大井川鐡道に譲渡され今もで活躍中です。   山陰本線:香住 (1985年3月28日)

840326 餘部

餘部駅ホーム脇からも撮影する事が出来ました。 若番台DD5151+旧型客車。 この界隈は函館本線山線区間と並び日本最後の旧型客車定期運用区間 (和田岬支線除く) となり、その活躍は1986年10月一杯まで続きました。   山陰本線:餘部~久谷  (1984年3月26)

840326 餘部DC急行3

畑から撮ったカット。ここで逆光を活かして撮る方々も多かった事でしょうね。 この背後の山からの俯瞰や、海側からの撮影などなど画になるポイントの多い旧餘部鉄橋でした。 山陰本線餘部~鎧  (1984年3月26日)

DSC_3782 餘部鉄橋 

今のコンクリ橋の横に、初代橋梁の一部は保存され、往時を偲ぶ遺構として、末長くその姿と歴史を受け継いでいく事でしょう。  山陰本線:餘部駅  (2015年4月11日)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

にっしーさん、こんばんは。

やはり、昔の余部鉄橋は格好良いですね(´▽`) 一度は見ておきたかったのに、結局行けないまま新しい物に変わってしまいました…

今日の飲み会でもこの鉄橋の話が出ていましたが、私以外の人は見に行ったことがあるようで、鉄道ファンのみならず結構有名なんだと実感しましたね。



あと、にっしーさんのブログ、リンクに貼らせていただきたいのですが、宜しいでしょうか?ご許可頂ければ幸いです。

Re: No title

のりさんこんにちは。コメントありがとうございました。

本当に昔の餘部鉄橋は芸術的な美しさがありますね。この独特の形状、長崎造船所に今も現役の巨大なガンチレバークレーンと似てます。1909(明治42年)製造で、レトロな外観です 詳しくはこちら→ www.kyuyama.jp/kyushuyamaguchi/ky_nagasaki_05.html

この日の昼下がりの餘部鉄橋、「道の駅あまるべ」に寄った観光客のみなさんも、山陰本線各駅停車が来るタイミングで駅ホームへ見物にやってくる方々たくさんおられました。のりさんの飲み会お仲間でも話題だったんですね。

あとブログリンクの件歓迎です。有難うございます。こちらも貼らせていただきます。よろしくお願いいたします。

こんにちは。
餘部鉄橋のお写真、楽しませて頂きました。
以前の言葉通りの鉄橋は、やはり絵になりますね。旧型の客車、快適性は今の新しい車両の方が格段に上なのでしょうけど、旅情は抜群です。
以前から訪問されていたのが本当に羨ましい限りです。私もいつか行きたいと思いながら、なかなか遠くていまだ訪ねられていません。
ディーゼル機関車も、今走っているキハ41型も、不思議と朱色は自然な景色に溶け込みますね。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

Re: タイトルなし

風旅記さんこんばんは。コメントありがとうございました。

今となっては懐かしい、明治生まれの初代餘部鉄橋。昔はレアな観光名所でしたが、今ではすっかりお手軽観光地になりました。お立ち台に立って見ると、10代の頃に旧型客車に乗って訪問して撮りテツした記憶がよみがえりました。

いまもここでタラコ色のキハ41を撮れてよい訪問記でした。私もお勧めの場所です。

こんにちは。
重ねてのコメント失礼します。ご返信ありがとうございました。
オハニ36の、テールライトの灯ったモノクロ写真、本当にいいですね!
この列車を駅に見たときには、旅の情感に心震えると思います。
鉄道の旅、楽しいですね。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

Re: タイトルなし

風旅記さんこんばんは。コメント有難うございました。

夜明け前のオハニ36は本当に旅情あふれる雰囲気でした。車内では黒ぶちメガネの行商おばちゃんたちが、スルメや干物を仕分けし、車端部の荷物質には木箱に入った魚介類が積まれてました。

こういった夜汽車イヴェント、大井川鐡道ではときおりやってるので、機械あれば行ってみて、10代のガキ時代の回想にふけってみたく思います。

プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR