函館本線:上目名駅の入場券 (57.2.28限り無人化・59.4.1廃駅)

今となっては、もうその存在すら消えた函館本線(通称:山線)の上目名駅。

昭和40年代のSLシロク二重連ブームの頃は、よく賑わった駅だそうですね。ただ周辺に民家が殆どなく、昔から利用客は随分少なかったようです。

駅廃止が具体化した1980年代には、1日の利用客が数人という状況で、1982(昭和57)年2月28日限りで無人化されました。同じ時に近隣の目名・昆布・比羅夫・然別・銀山・蘭島も無人化されてます。

無人化後も、タブレット閉塞の運転要員のみが駅に常駐し、窓口業務は簡易委託化されましたが、ついに59年3月いっぱいで駅そのものが廃止され、駅舎は解体されました。

・・・私は上目名駅は観た事がありませんが、1988(昭和63)年にC62が復活した時に、その駅跡を訪れましたが、その場所はスノーシェッドに覆われた線路になってて、駅のあった痕跡はよくわかりませんでした。

DSCF7440.jpg

自宅にある上目名駅の無人化最終日券。

1982年 上目名

想い出の上目名駅の画像。 (原版ポジご提供 : 関東のT様より)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR