関西本線 : 柘植 - 四日市間 開通100周年記念号  (1990年)

歴史的大イヴェントでした。DD51の3重連での、柘植 - 四日市間 開通100周年記念号。

・・・今考えてみれば、ビックリ仰天のイヴェント列車でしたね。DD51の3重連なんて。・・・私は、有名な磐越東線のDD51の3重連を撮った事がなく、重連はともかく、3重連はこの時が唯一の撮影です。

亀山駅には梅小路のD51200が有火で展示され、DD51に牽かれてやってきたマイテ49も復路運転に備えてターンテーブルで方向転換してましたが、私はデゴイチに夢中で、シャッターを切れませんでした。

復路の3重連は、12月下旬の夕方5時前とあって、露出数値はASA400でも125分の1でf2.8・・・ ヾ(`□´)ノ〃

ダメモトで増感して、手持ちで交互にカラーとモノクロを撮りました。・・・私が現地に到着した時は三脚なんて立ててられません。あのお立ち台は両側とも黒山の人だかりでした。何とかつま先立ちでのポジション確保は辛かったです。

・・・好評のうちに終わった三重連イヴェントでしたが、当日は撮りテツの方の運行妨害による2回の非常制動があったとかで、加太越えの旧客イヴェントはもうご法度になってしまったのは有名な話ですね。

901223 9227レ 加太~中在家レタッチ

もう客レが加太越えをすることはないでしょう。・・・先頭の1043号が今も山口線でときおり活躍してくれてるのは嬉しい限りです。

901223 亀山 D51200 俯瞰

1974(昭和49)年の亀山区SL撤退以来、久々の大型SL登場でした。この1990年ごろは、亀山構内にはまだDD51が何台か常駐 (書類上は宮原区配置)し、鉄道の要衝らしい風景がありました。

901223 9222レ 中在家(信)~加太

こちらはスイッチバックの中在家信号所を通過する往路の9222レ。2006年3月のダイヤ改正で加太~柘植のスイッチバックも廃止され、カメラを構える人もほとんどいなくなりました。こちらは他の方から譲っていただいたネガからのご紹介です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そういえば・・・

こんな素晴らしい列車がありましたね。

当時関東在住の私には、名古屋より先は、海外旅行に行くようなもの(笑)
なぜか東北や北海道の方が近いと感じてました。

やはり在来線に急行が無かったり(とぎれとぎれではありましたが・・・)
学生時代の東海や比叡などがあった頃を思い出すと、どうしても足が向かなくなり。。
いまでは加太越えを撮れなかったことを後悔しております。

1043号機、関東在住の私にはあこがれのカマでした。

Re: そういえば・・・

kazuさんこんばんは。コメントありがとうございました。

撮影にでかける場所って、近くに感じられるエリアもあれば、遠くに感じるエリアもあり不思議なモノですね。私も北海道は遠くに感じませんが、四国・九州はずいぶん遠くに感じます

急行比叡、懐かしいですね。私のガキ時代に153系&165系混結で最後の活躍をしてました。真夏に非冷房車が投入されたり、元修学旅行用の155系が入ったりと、当時の国鉄末期の現場の疲弊ぶりがうかがえました

凸1043号、私も思い入れのある車両で、末長く活躍してほしいモノですね。
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR