武豊線:東成岩駅の入場券 ( 50.11.14 限りで無人化 )

JR東海の大府駅から分岐する武豊線(19.3キロ)。長年の沿線住民の懸案であった電化工事が許認可され、いま新たなコンクリート電柱が目立ち始めましたね~。

運行安全方式はATS-PT方式を採用するものの、線内に乗り入れる衣浦臨海鉄道の貨物列車は未だタブレット閉塞を使用してたり、日本最古の木造駅舎や日本最古の木造跨橋が残り、興味が尽きない魅力的な路線ですね。

開業以来ずっと無人停留所の尾張森岡や石浜を除き、あとの駅は後年になって無人化された乙川・東成岩以外、現在も駅員配置です。

ちょっと切符をご紹介させていただきましょう。

東成岩 無人化最終日券

自宅にある、東成岩駅の有人営業最終日の入場券。この翌日 50.11.15日 から無人化されました

DSCF7466 130409 東成岩

現在の東成岩駅の外観。昔からの木造駅舎が大きく改装されて健在です。(2013年4月9日撮影)

東成岩駅 1966(昭和41)年1月15日

武豊線の歴史ページから抜粋させていただいた資料画像。1966(昭和41)年1月15日の東成岩駅

DSCF7871 130409 亀崎

起点の大府駅から6つめの亀崎駅は、1886(明治19)年3月1日開業時のままの駅舎が今も健在。日本最古と伝えられてますが、・・・う~むホントのところどうなんでしょうか??   (2013年4月9日撮影)

亀崎

ここにもかつては硬券入場券はありました。勿論いまはPOS端末と券売機のみでの発券ですが・・・。

DSCF7873 130409 半田

半田駅には1910(明治43)年11月竣工と伝えられる現役最古の木造跨線橋が健在。

半田 POS化最終日券

半田駅も1991(平成3)年2月1日にPOS端末切り替えで硬券を廃止。入場券はその前の1月28日に販売を終了しました。画像は発売最終日券。

乙川 無人化最終日券

ついでにオマケで乙川駅の有人最終日券も。60.3.31限りで無人化されてしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR