氷見線を走った 「SLシーサイド号」 (2002年)

今から14年ほど前、2002(平成14)年9月14日~16日にかけて、JR西日本の氷見線 : 高岡~氷見間 にC56160+12系4連で、「SLシーサイド号」 が運転されました。

氷見線の全通90周年を祝うイヴェントの目玉として企画されたSL運行でしたが、氷見線は1969(昭和44)年に無煙化されており、実に33年ぶりの蒸気機関車のお出ましとなった形です。

本運転ではSLならびに客車共々、特製ヘッドマークが取り付けられてしまうため、ヘッドマークがつかない試運転のみを撮りに出かけました。・・・せっかく往時を思い起こさせるべく仕立てられたレトロ列車なのに、ヘッドマークで飾ってしまっては台無しですから。

1日2往復の運転で、高岡を出発した午前便は、氷見からバック運転で高岡へ戻り、高岡運転区のターンテーブルで1回転させて、午後便はバック運転で高岡から氷見へ走り、帰路は正向運転で高岡に戻るというユニークな運転方法でした。

このSL運転は大好評で無事終了し、その後100周年の2012年はSL再登場ではなくディーゼルカーに記念プレートを掲出しての祝賀となりました。SLやDL牽引の列車をまた再び氷見線で観てみたいとは思うものの、起点の高岡駅が3セク鉄道会社化されてしまい、もうJR西日本からSLや客車を送り込み回送してまで走らせることは容易には叶わなくなりました。…何とも惜しいですね。

020911 雨晴~越中国分

雨晴海岸ぞいのカーヴを行くC56牽引の試運転列車。やはりヘッドマークが付いていないレトロ列車は自然な感じがしますね。  氷見線 : 雨晴~越中国分  (2002年9月11日)

020911 島尾~氷見

こちらはバック運転の試運転列車。もしも氷見駅のターンテーブルが撤去されずに残ってたら往復とも正向運転だったかもしれませんね。  氷見線 : 島尾~氷見  (2002年9月11日)

020911 越中国分~雨晴 レタッチ

午前の氷見行き試運転列車。もっと海を入れて撮ればよかったのですが、SLが目立つように、編成重視で撮りました。  氷見線 : 越中国分~雨晴  (2002年9月11日)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR