上白滝駅 ・ 旧白滝駅 ・ 下白滝駅  H26年3月改正で廃止

ダイヤ改正ごとに減便や休止・廃止が続く厳しい経営環境のJR北海道で、2016(平成28)年3月26日のダイヤ改正を以て、石北本線の 「上白滝 ・ 旧白滝 ・ 下白滝」 の3駅が廃止されました。いずれも無人駅で、殆ど利用客のいない駅でした。

実は石北本線は、今から15年前にも一部の駅の廃止がありました。「中越 ・ 天幕 ・ 奥白滝」 の3駅です。

それに続く、さらなる合理化ですが、総延長距離234キロの長大路線のなかで、もっとも利用客の多い北見駅でさえ1日当たり1500人前後の乗降客しかなく、もはや本線とは名ばかりの閑散ローカル線です。

かつて木材や農産物輸送で賑わった一大幹線ですが、1983年から84年にかけて殆どの駅が無人化されたのをきっかけに凋落の一途をたどり、名物夜行の 「急行大雪」 も無くなり、鈍行DCも減便され続け、いまや路線の存続自体が心配されるほどになりました。・・・かつての栄光を垣間見られるのは、1日1往復のDF200牽引のタマネギ貨物ぐらいでしょうか・・・。

北海道新幹線誕生のNewsの陰で、人知れず消えて行った駅に敬意を表したいと思います。

000515 上白滝駅

廃止された上白滝駅。1932(昭和7)年開設時からの駅舎が残る駅でしたが、1日1往復の各駅停車が停車するのみでした。15年ほど前に訪問して撮った画像です。

お別れ入場券セット

廃止に際して、現地で配布された硬券入場券付きラミネートファイルです。私も1枚入手しましたが、べったりとラミネートで貼りついており、切符そのものを取り出す事が出来ず、誠に残念です。

6駅廃止

15年前の2001(平成16)年には、天幕駅・奥白滝駅・中越駅も廃止されました。自宅にある、当時発売された入場券セットです。

000515 天幕駅

その、2001年廃止の天幕駅。こちらは廃止される少し前に訪問した時の画像です。今は更地だそうですね。

000515 奥白滝

こちらは奥白滝駅。おなじく廃止の少し前に撮った画像ですが、あちらこちら補修だらけで末期状態でした。

DSC_4872.jpg

これらの駅が実際に無人化されたのは1983 昭和58) 1月10日。今から30数年前の出来事でした。自宅にある有人最終日の入場券です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

廃駅

にっしーさん、こんにちは。

いつも楽しく読ませて頂いてます。
画像つきで、とても勉強になります。

数週間前にカシオペアと石北の廃駅巡りに言ってまいりました。
貨物ファンなら、撮影地ガイドで名前ので出てくるので、行った事がなくても聞いた事がある人は多いことでしょう。


また、各停の本数の少なさに驚きました。

残念ながら、レンタカーでないと廃駅(予定)巡りは出来ませんでした。
出来ればお金を落としたかったのですが…


撮影地ガイドの駅が修正されるのも
遠くはないかもしれませんね。

では失礼します。

Re: 廃駅

東海113系さんこんにちは。コメントありがとうございました。

そうでしたか。カシオペアと廃駅訪問でしたか。まだまだ寒かった事でしょう。たしかに石北本線は、起点エリアの旭川~上川間でさえ1日に数えるほどの運転本数。中間区間となると満足に乗り降りできぬほどの本数です。

これから更新される撮影地ガイド、ぜ~んぶ「上川~丸瀬布」になってしまうんでしょうね。漠然とし過ぎて実感わかないです。

記念品

はじめまして。お写真拝見いたしました。私は48歳ですが、画像を拝見すると自分の学生時代と重なる部分が多く大変懐かしく思いました。白滝シリーズも、もはや過去のものとなりとても残念ですね。最終日に発行した、入場券は、JRより大人の事情でラミネートのお約束が条件で発行されたそうです。収集家にとっては残念な結果になってしましました。

Re: 記念品

たけ様こんにちは。コメントありがとうございました。

そうでしたか。下白滝・上白滝・旧白滝の切符販売はラミネート貼り付けが条件という事でしたか・・・。ま、オトナの事情とは言え、もっと太っ腹な対応をしてほしかったですね。

これらの駅の廃止で、駅間距離も長くなり、撮影地ガイドの表記も今後変わるかと思いますが、これがJR北海道の置かれてる現状なのかと思うと大変残念です。

こんばんは。
今春のダイヤ改正では、北海道全域で列車の運行の縮小や駅の廃止などが相次ぎ、その後、留萌本線の留萌〜増毛の廃止も発表されました。
鉄道ファンとしてこんなに寂しいことはないのですが、ただ片方で、地元の方々が列車には乗らないと話している様子を見たりしていますと、無条件な廃止反対の意見とは相容れないようにも感じています。
石北本線の駅の廃止は、代替の交通手段はどのようになるのでしょうか。少しであっても利用者がいる駅、今後は普通列車は駅のあった場所に止まらずに走り去ることになります。一つの駅を廃止することでどの程度の経費の削減につながるのか、私には分かりませんが、走っている列車を止めてドアを開けることがそんにコストがかかることなのか、疑問にも感じます。
石北本線は、将来的には、石勝線のように特急列車だけが走る都市間輸送のためだけの路線になっていきそうに感じています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

にっしーさんこんにちは。
亀レスで申し訳ありませんが、この度の大量廃駅残念でなりません。石北本線の駅巡りをしましたが、白滝以外は乗降もなく、やはりといったところでしょう。
先に廃駅になった新栄野も周りに民家もなく、降車の時に○○ですよ、間違いないですか?と言われる始末でした。
廃止やむなしと言ったところでしょうか。
廃駅のなかで金華は留辺蘂中、高校の通学 で西留辺蘂駅折り返しが閉塞の関係で出来なかったために金華折り返しとなっていましたが、現在実際の運用は西留辺蘂止まりとなっていますが列車は旧金華まで行っての折り返しなのでしょうか?
住人の急速な過疎化と共に鉄道としての果たす役割がなくなってきていると言うことでしょう。
残念でなりません。

Re: タイトルなし

風旅記さんこんにちは。コメントありがとうございました。

本当にこれらの駅の廃止は、いろんな事情を含んで意味深い問題ですね。沿線人口が減り、交通手段が替わり、やむなしとも思えますが、会社として経営が厳しい中、増収につなげるよりも減収を食い止めるために致し方ないんでしょうね。

石勝線のように特急しか走らない線区になりかねない状況とまでは行かなくとも、石北本線事態がいつまでもつのか、3セク化されちゃったりしないのかも気がかりです。

Re: タイトルなし

102レさんこんにちは。コメントありがとうございます。

本当に残念な「駅廃止」ですね。おっしゃるように、「ホントにここで降りるの?」と念押しされるのも無理はない状況なのでしょうね。しかも交換設備の撤去や運転区間・運転本数の削減で、終点や折り返し交換もややこしい事になってるんでしょうね。

留萌本線も留萌以遠がこの秋に廃線となるようですし、本当に寂しい限りです。
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR