引退から20年 キハ82型特急気動車 その②

1995 (平成7)年のリバイバル運転を最後に鉄路を去ったキハ82系ですが、定期運用を離脱したのは1992(平成4)年春のダイヤ改正。もう約四半世紀も経ちました。

最後の夏となった1991年、まだ社会人になって間もない頃でしたが、私もよく撮りに出掛けたものです。25年前、沿線の駅は津・松阪・多気・三瀬谷・紀伊長島・尾鷲・熊野市の7駅のみ駅員配置で、一身田・高茶屋・三木里・賀田・新鹿が簡易委託駅でした。

80年代初めは、亀山~新宮間は約40駅全部が駅員配置だった事を考えると、25年前でさえかなりの凋落ぶりでしたが、これが今や間委託駅はすべて完全無人化となり、三瀬谷駅も無人化され、紀勢東線は完全な衰退ローカル線となっています。

沿線にも当時は豊かな水田が数多くありましたが、耕作放棄地が増え、いまはもう撮影できなくなった所もあります。こうして昔の画像を盛ると、何とも切ない気分になります。

新鹿~波田須

棚田と海が一緒に写る有名な “波田須カーヴ” をゆくキハ82系。ココも今はもう荒れ地になって面影はありません。  3001D 紀勢本線:新鹿~波田須  (1991年8月15日)

910816 3003D 多気~相可

キロ80を2両組み込んだ7連の「南紀」。当時はキロ2両の豪華編成で走る事は多かったです。  3003D 紀勢本線:多気~相可  (1991年8月16日)

大内山~梅が谷

大内山のカーヴも、当時は青々とした水田がありました。通常4連の短い編成ですが、多客期は6~8連で走りました。  3001D 紀勢本線:大内山~梅ヶ谷  (1991年8月16日)

910505 高茶屋-1

高茶屋駅でのキハ82同士の交換風景。画像右端にあるように、当時はローカル駅ながらもコンテナターミナルがあり、荷扱いをしていました。  紀勢本線 : 高茶屋駅 (1991年5月6日)
  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キハ82型特急気動車

懐かしい思いで拝見しました。
去年の今頃はキハ48ツートンを追っかけて
紀勢本線に出撃していました。
本文の中にも書かれてあるように波田須の辺りは荒れ放題で
見る影もありませんでした。
当時と比べるとかなり変わってしまいましたね。

Re: キハ82型特急気動車

海シンさんこんにちは。コメントありがといございました。

去年の夏は、全国各地から国鉄ふうツートン塗りキハ48を追いかけて紀勢詣でをされた方々多かったようです。海シンさんもその一人だった訳ですね。・・・それにしても風光明媚だった沿線各所はいたるところで水田や茶畑が消滅して見るも無残な景色です・・・

もう今後、私自身撮影目的で亀山~新宮間を訪れる事はまずないと思います。寂しい限りですね。

キハ82

子供の頃、特急なんて夢のような話で、京都駅近くのタキイの前で、「かもめ」や「白鳥」を見ては、乗りたいなぁと、憧れてました。
北海道の帰りに「白鳥」には乗りましたが、半分くらい寝てたのが思い出ですね(笑)


Re: キハ82

枯れ鉄さんこんばんは。コメントありがとうございました。

「かもめ」「白鳥」ですか。食堂車付きの長~い編成ですね。タキイ前で毎日何本か観る事が出来たキハ82系だなんて、良き時代を思い起こさせる内容です。今の「はまかぜ」のアルミボディを国鉄色に塗ってほしいくらいですね。
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR