もう見られない。JR貨物の EF64原色重連

2016年11月に、愛知区に残る原色EF64の残党2両 (1016号 1019号) のうち、1016号が運用を離脱し、これを機にロクヨン原色重連の貨物列車は過去帳入りしました。

中央西線が電化された1973 (昭和48) 年から青いロクヨンが活躍し続けて43年。殆ど僚機がJR貨物色に塗り替えられ、0番台から1000番台に交代しても、ときおり原色重連は組まれてきました。

私が原色重連を追いかけるようになったのは2009(平成21)年から。当時、愛知区に残る原色ロクヨンは EF6431号 と EF6434号 の2両のみ。置き換え用の1000番台が高崎区から転入が始まり、撮っておかねばとの思いからでした。

約10両の原色1000番台が愛知区にやってきましたが、その活躍は短く、どんどん廃車が進み、とうとう残り1両になってしまいました。

ロクヨン原色重連を追っかけて、木曽路に出掛けるのは楽しかったですが、もう来年以降はその用事もなくなりました。 ・・・まだ大宮更新色が多く活躍する中央西線ですが、敢えてそれらを撮影するために出撃する気はありません。せめてもの救いは、原色機によく似た車体色の 「広島更新色」 の重連の実現可能性はあり、それならば撮りたいと思います。

地元東海エリアで楽しめる僅かな撮影対象がまた一つなくなり、本当に残念でなりません。

DSCF3921 090917 81レ  名古屋~金山-2

正面窓が白HゴムのEF641041号。高碕から愛知に転入した最初のグループの1両でした。  中央西線 : 名古屋~金山  (2009年9月)

DSCF3859 090909 81レ  坂下~田立5-02-1

原色重連+コンテナ便も想い出のシーンのひとつです。    中央西線 : 坂下~田立  (2009年9月)

DSCF3746 090829 3074レ  奈良井~薮原-2

旧中山道の奈良井宿の町並みをバックに走る原色重連。    中央西線 : 奈良井~薮原  (2009年7月)

CSC_4779-4 160128 3084レ 枇杷島~清州

最後まで原色重連を組んだ2両のうち、画像の1016号も2016年11月に運用離脱。・・・もう見おさめです。   東海道本線:枇杷島~清州  



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR