ローカル特急銀座 「東武鬼怒川線」

栃木県日光市の、東武日光線:下今市~新藤原間 計16.2キロを結ぶ 「東武鬼怒川線」。 山あいの単線ながらも温泉観光地を控えており、東京都内から発車する多くの観光特急が走ります。

単線ローカル路線とは言え、1時間に1~2本の色とりどりのデラックス特急が来るので、撮ってても飽きません。車内からの眺めもよく、観光でゆっくりと来たい場所ですね。

DSC_1691.jpg

ゴールドの車体色が豪華な 「スペーシアきぬがわ号」 。  東武鬼怒川線 : 大桑~大谷向  (2017年5月30日)

DSC_1650.jpg

こちらは水色+白色の、「特急きぬがわ号」。  東武鬼怒川線 : 大桑~大谷向  (2017年5月30日)

DSC_1690.jpg

紫色+白色の、「特急きぬがわ号」。  東武鬼怒川線 : 大桑~大谷向  (2017年5月30日)

DSC_1693.jpg

JR東日本の253系。もと成田エクスプレスです。  東武鬼怒川線 : 太谷向~大桑  (2017年5月30日)

DSC_1647.jpg

今春から運転開始の 「特急リバティ号」。 下今市以遠はなんと特急券不要です。   東武鬼怒川線 : 大谷向~大桑  (2017年5月30日)

DSC_1666.jpg

特急ではなく各駅停車用の6000系。 1985(昭和60)年から1988(昭和63)年まで製造された車両ですが、国鉄オハフ50系を思わせる2扉クロスシートと、大型折り畳みテーブル付きの車内は魅力的です。   東武鬼怒川線 : 大桑~大谷向  (2017年5月30日)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

6000系

にっしーさんおはようございます。
東武遠征でしたか(笑)
一時、埼玉の加須に住んでいた時代は東武鉄道にお世話になってました。
当時この6000系は快速だったか区間急行だったか記憶は曖昧ですが、浅草-会津田島を走っていたと思います。
15時台に浅草から帰る時は、わざわざこの列車に乗って、東武動物公園まで行って、そこで伊勢崎線に乗換えて帰りました。
ボックス席なので、旅する感じが好きでした。
行き先案内の放送を聞くと、終着駅に着くのは、かなり遅い時間で、長距離を走るこの列車に乗って旅したいと思ってました。結局、行かずでした(爆)

Re: 6000系

枯れ鉄さんこんばんは。コメント有難うございます。

そうでしたが。埼玉にお住まいの頃によく利用されましたか。確かにわざわざ手間をかけても乗りたい車両なのは納得です。折り畳みテーブルがあり、トイレも付いてて、、ちょっと昔の汽車旅を今も味わえますよね。・・実際、いまも日光線内では高校生の通学電車にもなっており、こんなので学校に通う彼らが羨ましいです。
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR