10周年の 「みまさかスローライフ号」 、再び国鉄ふうツートン色キハ40・47型の3両編成で運転。

毎年5月と11月に、JR西日本 : 因美線で運転されてきた 「みまさかスローライフ号」 が、今回でちょうど10周年目を迎えました。

去年秋からは、国鉄ふうの気動車ツートンカラーに塗られたキハ40・47型の3連が登場、より一層楽しい企画になってまが、思い起こせば10年前は、国鉄色のキハ58・28の2連だったんですね。それからしばらくはタラコ色のDC3連で主に運行されてました。

今回は、サロンカー土佐路号の運転日と重なったため、こっちは沿線でカメラを構えるファンは少ないだろうと思いましたが、なんのなんの、多くのファンで賑わってました。

DSC_1540-2-1.png

加茂川 (岡山県) を渡る 「みまさかスローライフ号」 。  9624D 因美線 : 高野~美作滝尾  (2017年5月13日)

DSC_1547-2.png

美作滝尾で27分停車したあと、ゆっくり次を目指します。  9624D 因美線 : 美作滝尾~三浦  (2017年5月13日)

DSC_1548-2.png

つづいてもう1丁。・・・ディーゼルカーの速度が遅いのでクルマで追いついてしまいます。  9624D 因美線 : 三浦~美作加茂  (2017年5月13日)

DSC_1559-2.png

美作加茂で32分停車し、またまた次へ向かいます。   9624D 因美線 : 美作加茂~和知  (2017年5月13日 後打ち撮影)

DSC_1562-2.png

晴れたらアウトのこのポイント、多くのファンが集まってました。  9624D 因美線 : 和知~美作河井  (2017年5月13日)

DSC_1572-2.png

間もなく終点です。約40キロの道のりを、ゆっくりと2時間半強の小旅行です。  9624D 因美線 : 土師~智頭  (2017年5月13日)

DSC_1576-4 170513 9625D 智頭~土師

復路は1カットのみ撮りました。   9625D 因美線 : 智頭~土師  (2017年5月13日)

DSC_1532-2.png

津山駅では出発前に式典もありました。  (2017年5月13日)

DSC_1552-2.png

美作滝尾駅 ・ 美作加茂駅 ・ 美作河井駅では、恒例のおもてなし&地場産即売もあり、賑わいました。  (2017年5月13日)

DSC_1596-4 170513 みまさかスローライフ号クリアファイル

乗客に配布されたクリアファイル。 また、駅イヴェントでは 「駅カード」 も一人1枚ずつの配布がありましたが、順番を守らなかったり余分に貰おうとする光景を何度も見ました。・・・いずれもご年配の旅行者ばかり。 旅の恥はかき捨ては困りますね。

「サロンカー土佐路号」  EF65PF 送り込み回送

5/14(土)・15(日)の2日間、サロンカーなにわ5連を使用した団臨が、岡山~多度津~高知間で運転されました。

サロンカーなにわが四国入線するのは珍しく、しかもDE10重連牽引とあって、JR四国管内は全国から多くのファンが詰めかけたようですね。 四国で客車列車運転なんてン年ぶりではないでしょうか・・・

で、私は送り込み回送を山陰本線セトジョウで撮りました。 緑色のPFじゃなくて良かったです。やっぱサロンカーなにわには青いPFの方が似合いますね。 ・・・ただ、HMが付いたのは残念です。

PFの土佐路号を撮ったら、ほぼ9割のファンの方々は四国へ追っかけでしょうが、私はギリギリまで迷った挙句、事もあろうにサロンカーをやめて、岡山の山奥へ 「みまさかスローライフ号」 を撮りに行ってしまいました。

DSC_1505-2

雨もやみ、無事に撮れました。トワイライト釜じゃなくてよかったです。  回9305レ 山陽本線:瀬戸~上道  (2017年5月13日)

DSC_1592 170513 廣榮堂のきびだんご

岡山銘菓 「きびだんご」 。 ・・・全国各地で同様の餅菓子はありますが、やっぱ地元製造の廣榮堂さんのきびだんごを買いました。

津山まなびの鉄道館で、キハ58型の転車台方転展示。

<5月にはいってから、津山学びの鉄道館でキハ58が転車台で展示されています。

ここの扇形庫には、数年前まで現役だったキハ28・58ペアが収蔵されており、そのうちの1両が今回屋外に出された格好ですが、、非常によく手入れされており、ピカピカでした。

いつかは是非D512号も屋外展示してほしいものです。

DSC_1523-2-1.png

いいもんですね~。なんか1980年代の国鉄車両基地の雰囲気です。  津山学びの鉄道館 (2017年5月13日)

DSC_1511-2-1.png

おなじみのDL群。 ・・・常設公開の博物館として発足して1年。施設内にチェーンやロープが多く張り巡らされ、地面は歩きやすいように改良され、徐々に撮りにくくなりつつあります。   津山学びの鉄道館  (2017年5月13日 ※画像は一部修正してあります)

DSC_1528-2.png

手前の黄色い踏み板、・・・目障りです。    津山学びの鉄道館  (2017年5月13日 ※画像は一部修正してあります)

DSC_1529-4-1.png

津山駅2番ホームで出発待ちのノスタルジー気動車。 ほんと昔にタイムスリップしたような光景です。   津山駅  (2017年5月13日)

復刻塗色の 養老鉄道センロク  (元近鉄1600系)

ラビットカー復刻塗色車が人気の養老鉄道ですが、同じくらい人気者のセンロクも忘れてはいけない存在です。

1959 (昭和34) 年から1966 (昭和41) 年にかけて製造された、元近鉄1600系の払い下げ車で、いま養老鉄道に残ってるのは最終ロットの モ1656号 + モ1659号 が種車ですが、実働50周年の旧い車両です。

2014年に、デビュー時のクリーム色 + 青帯に戻されて、センロクの愛称で親しまれてます。・・・これからもちょくちょく撮影したい被写体ですね。

CSC_1501-1.png

この車体色、ご年配の鉄ファンの方々には懐かしいでしょうね。・・・それにしてもどの車両もよく手入れが行き届き、ピカピカです。  養老鉄道:美濃山崎~駒野  (2017年5月8日)

DSC_1500-4

お遊びでオデコの方向幕を消して、テールライトも角型に修正して、もう少し昔風に編集してみました。

「2017年初夏の加悦鉄道まつり」 に行きました。

京都府与謝野町にある 「加悦SL広場」 で、毎年初夏と秋に開催されるイヴェントに行ってきました。

オールドファンの方々には懐かしい旧:加悦鉄道が1985 (昭和60) 年4月30日限りで廃止されて以来、今もなお当時の車両たちが保存され、しかも動態保存車もいくつかあるのは嬉しい限りですね。

ふだんは訪れる人もまばらなこの場所が、イヴェントの時には多くの来場者が繰り出します。一部車両に荒廃もありますが、順次再整備されてるので、今後も末永く維持管理されていくのを祈るばかりです。

DSC_1475-2.png

お客さんで満席の 旧:加悦鉄道キハ101 が独特のエンジン音を響かせて構内を走行します。 1936(昭和11)年 日本車両製の古参ディーゼルカーで、通称:バケットカーとも呼ばれます。    加悦SL広場  (2017年5月6日) 

DSC_1474-1-1.png

床下から吹きあがる排気ガスが、現役の証です。・・・こんなのが動いてるなんて奇跡ですね。  加悦SL広場  (2017年5月6日) 

DSC_1473-2.png

・・・よだれの出そうな保存車両群です。手前の無骨なロッド式DLは、1956(昭和31)年 汽車会社製。 こちらも動態保存車です。 
加悦SL広場  (2017年5月6日) 

DSC_1471.png

ハ10型客車。 1926(大正15)年 梅鉢鉄工所製。 2等・3等合造車ですが、味わいある姿ですね。  加悦SL広場  (2017年5月6日) 

DSC_1472-3-1.png

キハユニ51型。1936(昭和11)年 日本車両製。 大型の機械式DCで、キハ101とおなじバケットカーです。  加悦SL広場  (2017年5月6日 ※ 背景レタッチ修正しています)) 

DSC_1470-2.png

貨車の台枠に木造車体が載ったへんてこな客車。1893(明治36)年 鉄道省新橋工場製。 車体は昭和生まれです。   加悦SL広場  (2017年5月6日) 

DSC_1469-2.png

おなじみカトーくん。 1956(昭和31)年 加藤製作所製。 動態保存車ですが、なかなか動く姿を拝めません。   加悦SL広場  (2017年5月6日) 

DSC_1464-2.png

キハ101型の車内。 シフトレバーでギアチェンジしながらガタンゴトンと動きます。  加悦SL広場  (2017年5月6日) 

850328 加悦駅 キハ08とキハ10 

こちらは懐かしの旧加悦鉄道 加悦機関区の画像です。私のガキ時代に撮ったものです。・・・画像のキハ08やキハ10は、今も加悦SL広場に保存展示されてますが、荒廃が進み、早期の補修が望まれます。   加悦機関区  (1985年3月28日)

850328 宮津駅キハ08

もう1枚、懐かしのカット。国鉄丹後山田駅に佇むキハ08。・・・この駅で青春18きっぷで下車し、硬券乗車券でこのキハ08に乗車しました。   宮津線 : 丹後山田駅 (1985年3月28日)

DSC_1487.png

加悦SL広場内は、今の時期ツツジが咲き、いい雰囲気です。・・おなじ京都の 「京都鉄道博物館」 とは比べられませんが、こういう山奥の鉄道保存施設も捨てがたい魅力です。     加悦SL広場  (2017年5月6日)

DSC_1493.png

加悦SL広場の少し先の、天橋立にも久々に行きました。 船が通る際に電動で90度回転する 「旋回橋」 は、1960(昭和35)年から稼動中。・・・橋が廻るシーンはワクワクします     天橋立 (2017年5月6日)

DSC_1492-2.jpg

何度か訪れた事のある天橋立ですが、飽きない良い風景です。   天橋立  (2017年5月6日)
プロフィール

レイルファンにっしー

Author:レイルファンにっしー
週末中心にお出掛けの既婚会社員です。子供時代の1980年代からの現在に至る鉄道趣味記録をアップしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
にほんブログ村ランキング
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR